<   2005年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

アイラ島のシングルモルト

Se le nostre parole potessero essere i whisky... Questo e' il titolo di un libro con cui si puo' sentire il vento scozzese ed il profumo del whisky. Quando ero appassionato del whisky scozzese mi piaceva il Bowmore od il Laphroaig. Da alucuni anni non bevo il whisky, allora ne riprovero'?

 何気なく(と言うかしばしの現実逃避気味に)ブルータスNo.583をパラパラめくっていると、ウィスキーの特集があった。いろいろなお酒のブームが行きつ戻りつするけれど、またウィスキーの波が押し寄せつつあるのだろうか。こういうブームの波に身を委ねていくうちに、いくつかはブームを乗り越えて自分の小さな財産になるように思う。ワインは気軽に楽しく味わえるようになってきている気がする。ただし、ワインらしい(?)蘊蓄めいた話は少しも増えていないのだけれど。
 ウィスキーの波が僕に押し寄せてきたのは、今から7、8年前のことだったのではないか。表参道のほど近くにあるとあるバーに、割と足繁く(当社比)通っていた頃、いろいろなウィスキーを試させてもらった時期がある。ストレートかトワイスアップでゆっくり飲む。そして、とにかく水も飲め、というのがマスターの弁だった。飲むときにではなく胃の中で水割りにする。薄い水割りのグラスを重ねるよりは、ずいぶんウィスキーを美味しく味わうことができるはずだと思う。
 いろんな種類のシングルモルトを飲ませてもらったけれど、僕は、どちらかと言えば、端正な味わいのものよりもクセのある香りが漂うアイラ島のモルトが好みだった。メジャーどころで言えば、ボウモアとかラフロイグとか。その他にも珍しいのも試させてもらったのだが、残念ながら名前を思い出せるものがない。なお、試させてもらった、などと書いてきたけれど、もちろんお代は支払っているので念のため。

 先のブルータスの特集の中で、村上春樹の『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』のことが触れられていた。奥付を見るとちょうど6年前に出た本で、僕のウィスキー熱(ただし微熱)もまだ冷め切ってはいなかった頃だ。この人気作家の本を読んだことがない僕にとっては、最初に手にした(そして今のところは唯一の)村上春樹の本だ。村上春樹の作品から1冊を選ぶ時に、この本を選ぶ人は、きっとそう多くないのだろう。
 アイラ島とアイルランドを巡る夫婦旅行の折りに訪ねた蒸留所やウィスキーのある風景がエッセイと写真に形を変えて収められている。当時、あまりポジティブな読後感を得られなかったような記憶がある。何となく、僕にうまくフィットしなかったのだ。ブルータスに誘われて久しぶりに本棚から引っ張り出してぱらぱら眺めてみたところ、何とも味わい深い本に感じられた。どこかしら抵抗感のあった(ように記憶している)文体も、適度に僕に寄り添ってくる。
 そして、写真がまた素晴らしい。エッセイのような写真。こういう写真の魅力に僕が気づいたのは、正直に告白すれば、ほんのこの2、3年のことなのだ。村上春樹の奥方の手になるのだという写真、それが切り取っているような風景、空気感。ヴァージニア・ウルフの『灯台へ』を読んでいた時に僕が想い浮かべていたのは、こういう風景であり、空気感であったと思う。中村俊輔のスコットランドより、こちらのスコットランドの方が、僕を遙かに惹きつける。

b0018597_1943305.jpg シングルモルトを勉強させてくれたバーで、ラフロイグの蒸留所のポットスティルをかたどったペーパーウェイトをもらった。ペーパーウェイトとして使うことはほとんどないのだけれど、ずっと机の上に置いている。カクテルもウィスキーもいろいろ教えてもらったあのバーには、ずいぶんとご無沙汰している。僕の足が遠のき出した頃、そのバーは確かワインに目覚め始めていた。今はどうなっているだろう。久しぶりに顔を出してみるのも悪くはないかも知れない。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-30 23:59 | 雑/quotidiana | Comments(0)

中庭広場のランチ屋台

Ci sono alcune bancarelle in cortile di Tokyo Forum Internazionale per servire il pranzo agli impiegati vicinali. In Giappone, forse stranamente, vendere qualcosa in cortile pubbilico, strada, parco non era facile, pero' le situazioni stanno cambiando poco a poco. Penso che dell'attivita' agli spazi pubbulici renda la citta' piu' allettante.

b0018597_17304283.jpg ちょうどお昼休みになる頃に有楽町の東京国際フォーラムを通りかかった。いささかもてあまし気味のバブリーな威容を誇るガラス棟とホール棟の間に通り抜けの広場がある。ケヤキが植わったなかなか悪くない広場だ。まだ20代だった頃(とは言え、じゅうぶんに社会人だったのだが)、後輩と痛飲して始発を待つ小一時間にこの広場のベンチで寝そうになった(と言うか寝ようとしていた)ら、ガードマンに「ここで寝ちゃだめ」と起こされ諭された懐かしい思い出のある広場だ。
 その広場にかわいいワンボックスが何台か停まっている。ランチ・ボックスを売る屋台だ。ネット検索の結果、「ネオ屋台村」というところが運営しているシカケらしいことを知った。ついでに、この通り抜けの中庭広場は国際フォーラムのイベントスペースのひとつである地上広場という施設と位置づけられており、一部分を有料で貸し出したりしているらしいことも知った。
b0018597_17305662.jpg このランチ・サービスがいつ頃から展開されているのかは知らないけれど、そんなに古い話ではないんだと思う。ようやく少しずつ、こういう広場などが「こんなふうに使われてればいいのに」と思われるように使われ始めているのだと思う。
 こういうシカケは、まだ建物の敷地内のことが多く、もっと道路や公園にも広げていくには、管理責任や利権関係など、めんどくさいハードルがいろいろありそうだけれど、できる場所での好評な実績が積み重なっていくことだけが、街の街たる姿の獲得へ至る大きな道筋だと思う。お、いいじゃん! という街のディテール(空間だけでなく活動も含めて街と呼びたい)をどれだけつくり出せるかが勝負だよな、と今のところの僕は信じている。考察超浅いけどとりあえず。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-28 23:59 | 街/citta | Comments(0)

むむむ。

 すごくすごく久しぶりにエアロビクスなんぞをやってみた。自分のあまりの重さに笑ってしまった。人は適当な運動をサボり続けてると、筋力は衰え関節の可動域は狭くなる。もともと毎日サッカーをしていた頃から体も関節も硬かったが、今やその固さには伝統工芸品ばりに磨きがかかっている。やばいやばい。このままでは永遠のサッカー小僧どころか寝たきり中年になってしまいそうだ。何とかしなければいかん気がする。1レッスンを終え、有酸素系のマシンをほんの少しだけやった。階段を降りる時には膝が笑いそうだった。ジャクージは気持ちよかったが、鏡に映る自分のウェストはただならぬまろやかさと言うか、ホリゾンタルなプリーツ具合がゴージャスにすごかった。むむむ。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-26 23:59 | 雑/quotidiana | Comments(0)

ベリー・ナイス・ダンス

 友だちがここ何年か習っているというダンスの発表会に行った。来てくれるなら嬉しいというから行ってみたのだけれど、正直、行く前はちょっと抵抗あるというか緊張するというか、そういう感じがしていた。なぜなら、そのダンスが「ベリーダンス」だから。客席に男が僕しかいなかったらどうしよう、そんなことはあり得ないだろうと思いつつも、やや不安を抱えたまま会場へ。男性客がいること、いること。びっくりした。男女半々くらいの感じ。どっと一安心。
 ベリーダンスをちゃんと観るのは初めてと言ってもいいから詳しいところはほどんとわからないのだけれど、めちゃくちゃうまいとかいうわけではない。ダンス教室の発表会だから、それは当たり前のことだと思う。それでも、みんなとてもキレイだったし、ダンスの雰囲気にも多彩なバリエーションがあることを知った。それでも、ステージに立つという経験は、なかなか他で代替しがたいステキな経験だと思う。数人から10人程度のグループで、数分の曲に合わせて踊る。全部で13組のパフォーマンスがあり、僕の友だちは2曲を踊った。衣装もみんなで凝ったんだろうなあと思わされるステキなもので、無意味に有名チームのレプリカのユニフォームを揃えるのが好きな僕には、彼女たちが感じたであろう衣装を揃えたりするワクワク感が、すごくよく伝わってきた。
 僕の乏しい認識では、ベリーダンスはトルコの民族舞踊だと思っているのだけど、流れている曲は思いのほか多国籍感があった。インドっぽかったりポリネシアっぽかったりアフリカを感じたり。ダルブッカという手で打つ太鼓の生演奏をバックに踊ったチームがあって、それがとてもステキだった。そのダルブッカが紡ぎ出すビート感はとてつもなくグルーヴィだった。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-25 23:59 | 文/cultura | Comments(0)

He visto Ronaldinho!

 現地時間の土曜日の晩(日本時間で日曜日の早朝)、マドリードでレアル・マドリーとバルセロナの伝統の一戦“クラシコ”があった。日本での放送はWOWOW。我が家でも観られる数少ない大一番だ。しかし生放送のあった土曜の晩は痛飲して録画もすこんと忘れて爆睡。かろうじて再放送を録画して、遅まきながらようやく観戦することができた。

 スタジアムの雰囲気はもちろんすごいが、やはりピッチ上の技術水準がものすごい。何しろボールのスピードが速く、必然的に選手の動きも速い。そして大きい。それでいてトラップはバッチリだし(ロナウジーニョがトンネルしたりもしてたけど)、その前にパスの精度がとても高い。親善試合をやればJリーグのチームがマドリーやバルサに勝ったりすることもあるけれど、こういう試合を観ると、日本と世界トップとの懸隔はとてつもなく大きい(追いかけ甲斐のある道のりではあるかも知れないけどね)。
 バルセロナのパス回しは、速く、美しく、滑らかで、リズムがあり、無駄が少ない。ここぞというところで前に突っかけるドリブルのスピードと迫力もすごい。それと比較すると、マドリーは、運動量も少なく、意思の疎通レベルが低いように見える。コンディション不良のようだけれど、ジダンがあまりに凡庸でびっくりした。バルサはプジョルの気合いの入り方と集中力、プレーの実効性の高さがハンパなかった。いいディフェンダーだなあ。そして、そもそも一番のスターであるロナウジーニョの入れ込み方がこれまたハンパなく、気合いが表に出まくりだ。エトーも同様。チームとして、全体のバランスがうまく取れていて、よくモティベートされていた。ライカールトの手腕もあるかも知れない。

 ロナウジーニョ。異常値。2得点を導いたドリブルは、スピードとタイミング、ボディバランスだけで相手に何もさせなかった。ナイキのCFなどで見せる鮮やかなフェイントの類は何も出てこない。ワンタッチで前を向き、たぎるような疾走。ものすごいスピード。それでいてボールは足下を離れず、常に完璧に支配下に置かれてコントロールされている。マラドーナのようだ。メキシコでの伝説の5人抜きも、ディフェンダーからするとなぜだか抜かれてしまったという感じだったが、このクラシコでのロナウジーニョのドリブルもまさにそんな感じ。エルゲラの絶望はさぞかし深いだろう。ポスト脇で放心気味に何かをつぶやいていた姿が映し出されていた。

 「O mamma mamma mamma」という、ナポリでは広く知られているであろう歌がある。もしかするとナポリだけでなく世界中で知られているかも知れない。ママ、なんでこんなにドキドキしてるかわかる? Ho visto Maradona、だってマラドーナを見ちゃったんだよ! みたいな歌詞の、マラドーナを讃える応援歌だ。今、これをスペイン語訳してマラドーナをロナウジーニョに置き換えても、まあ許されるんじゃないだろうか。カタルーニャ語訳ならなおよいかも知れない。He visto Ronaldinho! もう少しマジメに(?)バルサの試合をフォローして観るようにしよう。間違いなく、今、一生懸命観るに値する選手の筆頭だ。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-23 15:44 | 蹴/calcio | Comments(2)

『極上のイタリア食材を求めて』(購入編)

 お昼ご飯をどうしようか決めあぐねたまま、とりあえず四ッ谷駅の方へ出てきてしまった。行き先が定まらないので、僕の定番コースとは逆向きだけれど、アテはないまま本屋へと立ち寄った。本屋の中ですら所在なげにうろうろするばかりだったのだけど、ふと書架の1冊の背表紙に目が留まった。本屋の神様(の丁稚さんくらい)が助け船を出してくれたのかも知れない。
 『極上のイタリア食材を求めて』という本なのだけれど、実は、題よりも訳者の名前の方に先に気づいたのだった。北代美和子さん。もちろん存じ上げないわけだけれど、彼女が訳した『フーリガン戦記』という本をとてもおもしろく読んだことがあり、以来、彼女の名前はとてもポジティブな印象とともに僕の記憶に残ることとなった(前にも書いた)。文章の温度感がとても気持ちいい。ともかく僕は、証拠ははなはだ少ないながらも、北代さんが翻訳を手がけた本で僕の関心領域に引っかかってくるテーマのものがあれば、それは“買い”でいいんじゃないか、と思っていて、今日も本屋の神様(の丁稚さん)のおかげで、その1冊に巡り会ったのだった。

 この本を買ったこともあって、ランチは、四ッ谷駅にあるイタリアン風食堂『Tucci's』(正直、僕はイタリアンとは認めたくない)でマルゲリータということになった。実のところ、ここのピッツァはそんなに美味しいとは思えないのだけれど、手にしている本の都合上、イタリアっぽさがあることが望まれたし、少しぐらいゆっくり食べても大丈夫なことも求められた。隣のポールでサンドウィッチを買って会社で済ませるという手もあったけれど、やっぱり店で食べたくなっていた。

 注文を済ませ、さっそくプロローグを読む。・・・んー、よい。ただの食材紀行ではなさそうなわくわくする感じ、早く本編へと読み進めたくなるようなどきどきする感じ。そしてポップでロックでジャジーな文章。この文体が、僕はとても好みだと思う。たぶん、書き手のイギリス人の独特のユーモア感などとの絶妙のコンビネーションでもあるんだろうなと思う。本の感想はまた後日(予定)。ぱらぱら読んだ中から一文だけ紹介。「どういうわけでしょうね……国が民主的になればなるほど、食物は悪くなる。」(p.269)
 僕は訳者に目を留めたという風変わりなアプローチだったけど、ふつうはタイトルに目を留めるんだろうと思う。そういう場合は、「プロローグ」もさることながら「あとがき」を立ち読みしてみてほしい。「イタリア」に目が留まった人も、「食材」に目が留まった人も、もう一歩、本の中身に興味が惹かれそうになるんじゃないかなと思う。著者はウィリアム・ブラックというフードライター。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-22 20:23 | 本/libro | Comments(2)

ノヴェッロを飲んでみた。

Ho provato il vino novello per la prima volta. Ovviamente e' giovane e diverso molto dal vino maturo, pero' non e' male, mi piace.

 念願叶ってノヴェッロを飲んだ。いや、こんなちっぽけな思いつきを「念願」なんて呼んではいけない。「叶って」って言ったって単にコルクを抜いてグラスに注いで飲み干しただけじゃないか。まあ、それでも、少し前に浮かんだちっぽけな好奇心が満たされた瞬間であったのは事実で、このようなささやかな事柄でも人は嬉しく思うものなのであった。そうであれば、こういうささやかな瞬間を増やそうとする(姑息気味な?)手は、案外、悪くないんじゃないか。

 初めて味わったノヴェッロは、なるほどぱぱっと仕込んでぱぱっと飲んでしまおうというノヴェッロのコンセプトが全身で表現された若さがある。ぴりぴりと言うかしゅわしゅわと言うか、弾ける感じすらある若さ。そして、フルーツ感たっぷり。もちろんアルコールが普通に含まれているから、ジュースのようだとは感じられないのだけれど、印象としてはジュースのよう。美味しいというより気持ちいいという感じの飲み物だった。案外、好きだったな。もっとも、飲んでいて、ずいぶん昔に飲んだワイン、と言うかブドー酒という呼び方の方がフィットするヤツの味わいを、何となく思い出したりしてしまったのだけれど。

 追記。飲み残した分を翌日に飲んだところ、心なしか落ち着いたうま味が増していたように感じられた。ブドー酒からワインに半歩にじり寄った感じか。単に僕の体調の問題か。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-20 23:59 | 味/buono | Comments(0)

修業時代の牡蠣料理に

 またもや数時間の出勤を経てから小さな飲み会。土曜日のこの展開は何かの決まりごとなんだろうか。今日は研修で上京してきた高校時代の友だちも巻き込み月島にて。しかし、もんじゃ焼きではなく、ふつうの居酒屋「たまちゃん」。友だちの読みつけの店だと言う。僕は大遅刻をしてしまったので、「たまちゃん」自慢の肴のあれこれを食べ損ねた気がするけど、またもや無駄に高校時代に至福のタイムスリップ。四日市の焼酎を飲んだ。四日市で焼酎をつくっているなんて思いもしなかったな。しかもサトウキビ焼酎。ちょっとびっくり。
 「たまちゃん」のご主人は、今やブルータスの表紙を飾ったりする実力派居酒屋の代表格となった「山利喜」のご主人と老舗のフランス料理店で一緒に修業した仲なんだそう。修業時代の思い出の品だというカキ料理を出してくれた。名前を覚えていないけど「パトリシア」とか言っていたような気がする。こじゃれたフランス語名も披露してくれたのだけど、それはもっと覚えていない。と言うかそもそも聞き取れていなかった。
 街なかの名もなきお店でも(いや、立派な名前があるのだけれど)、思いがけない修業経歴を秘めていたりするんだよなあと改めて思い至る。修業は大事だ。でも、自分の店を持つという野望(?)あってこその修業かも知れない。特に野望を持たずに日々を頑張っていても、それは修業にならないのかも知れない。修業してるつもりでのほほんとしている僕に、果たして野望はあるだろうか? 僕の野望は何だろう? 少し考えてみた方がよさそうかも。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-19 23:59 | 雑/quotidiana | Comments(0)

信濃町のプロント様

Guarda, c'e' il Pronto! Ovviamente siamo prontissimi! Volevamo una propria taverna vicino al campo da calcetto di Shinanomachi per bere dopo il gioco. Stasera abbiamo trovato il Pronto nuovamente ed a cui ci siamo divertiti un tempo felice da bere, ce ne frega che il nostro gioco sia stato pessimo.

 信濃町の絵画館前にフットサルコートがある。会社帰りに20時から22時まで、なんていう酔狂気味の時間割でフットサルと戯れる。たぶん、今日が、今年は最後(なんて早いサル納め!)。よって、ヒートアイランドが進む東京もずいぶん寒くなってきたし、自分のコンディションも万全とはとても言えないけれど、それでもいそいそとコートに向かい、傍目にはフットサルには見えないまったりとした運動体と化す。ちなみにこのコート、「このシャワーはお湯は出ません」と胸を張った貼り紙がある。夏は許す。だが、残りの8か月は許せないぞ。12月上旬並とも言われる夜寒ゆえ、シャワーはパス(きたない)。
 当然の理として、プレー後はビールでも飲んで帰りたいわけで、しかしながら、最寄り駅であるJR信濃町駅周辺は、ことのほか飲み屋が少なく、おそらくプレーよりも肝心なビール提供場所の確保にはいつも困っていた。
 しかし、である。いつの間にかプロントができてるじゃない! 普通に飲むところを探していてプロントを選ぶ確率はきわめて低い。しかし、今は普通な状況ではないのだ。もしかして「今日はお終いなんです」と言われるかと怯えつつ、しかしはやる気持ちで階段を上る。ボールを追いかけている時より遙かに軽やかなジャマイカ辺りのステップだ。果たしてプロントは温かく僕らを迎え入れてくれたのだった。その後の一時間強が至福であったのは言うまでもない。
 信濃町のプロント様は東京が誇る飲み屋さんです(注:非常に特殊な条件下におけるデータであり、万人に広く受け入れられるとは到底思えません)。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-18 23:59 | 雑/quotidiana | Comments(0)

ヌーボーとノヴェッロ

 Le Beaujolais Nouveau est arrive! ボジョレ・ヌーボーが当たり前の風物詩になったのはいつ頃だろう。ずいぶん気の早いうちからあのコンビニもこのスーパーもボジョレ・ヌーボーの予約を受け付けたりして。今日、解禁。なぜだか買ってみてしまった。遅くまで開いていて少しワインを多く置いているスーパーに寄り道して。今年に限ってこんなことを思いついたのは、少し考えれば当たり前のことながらイタリア・ワインにも「ノヴェッロ」と呼ばれる新酒があり、そちらは一足早く11月6日に解禁になったのだと、いつもの教科書で知ったからで、どちらかと言うとノヴェッロを見つけて試してみたい、というキブンなのだった。
b0018597_13213591.jpg と言うわけで(?)、ヌーボー解禁の木曜日に合わせてノヴェッロも買ってみた。もっとも、僕が立ち寄ったスーパーでは、何種類ものヌーヴォーが売り出されていたのだけれど、ノヴェッロはかろうじて1種類があるだけだった。選択の余地はないけれど、選択ができるだけマシだ。買い求めたヌーボーは「ドメーヌ・ピロン」というところのもので、ノヴェッロは「イル・ポッジョ」というところのもの。どちらもラベルがかわいい(もっとも、これは日本で制作したもののような気がするけど)。残念ながら(?)開ける(〜空ける)のはまた後日。美味しいといいなあ。イタリア、フランスと新酒があるのならば、当然スペインにもあるんじゃないかと思うけれど、どうなのだろう。

 僕がボジョレ・ヌーボーという存在を知ったのは、大学の頃に読んだブルータスだったと思う。無意味に雑誌が残っている僕なので、例によってその号が残っている。1987年12月1日号、18年前だ。古雑誌を通り越したアンティークの味わいがある。昨年だったか「ボジョレー」か「ボージョレ」かという話題があったが、18年前のブルータスには「ボジョレ」と書いてあった。ある意味、慧眼。敬意を表してこのエントリでは「ボジョレ」を採用。なお、同じ「V」なのに片やヌーボーで片やノヴェッロになっている点は見逃されたし。
 余談ながら、こういう“アンティーク”のブルータスを引っ張り出すたびに、あの頃のブルータスが雑誌としてめちゃくちゃキレているのを感じる。創刊2〜3年目のブルータスは、それはそれはトンガッていて、21世紀の某誌なんかよりよっぽど“ちょい不良”感に充ち満ちていたのだった。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-11-17 23:59 | 文/cultura | Comments(0)