人気ブログランキング |

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

『ガウディへの讃歌』

Nella mia libreria ho ritrovato un libro fotografico da Eikoh Hosoe sull'architetto catalano famoso Gaudi che ho comprato venti anni fa da Printemps Ginza dove era tenuta la mostra di quelle foto di Gaudi che ho visto. Mi sono ricordato questa memoria perche' ieri mi sono ancora visitato un bellisimo blog su Barcelona che e' chiuso stanotte purtroppo.

 『ガウディへの讃歌』という写真集を久しぶりに開く。正確には写真集ではなく写真展のカタログ。この写真展は、僕がうっかり建築学科で学び始めたりしてしまった大学1年生の頃に(書いてしまえば20年前!)、プランタン銀座で開催されたもの。フォトグラファーは細江英公。確か、例のごとく会期末ぎりぎりになって出かけたのではなかったか。けっこう混雑していたことと、顔を見知った程度の同級生が彼女を連れてしたり顔で(失礼!)解説しながら回っていたのが目に入ったのを覚えている。この写真展では、勅使河原宏による映像、武満徹による音楽が添えられていたようなのだが、記憶にはない。あぁなんてもったいない! あの頃は、プランタンまで写真展を見に行っただけで褒めてあげようというレベルだったのだ(って今も大差ない)。

 この本に収められた写真数は多くない。ガウディの代表的な作品が、どちらかと言えばディテールに関心を置きながら切り取られているのだけれど、浮かび上がってくるのは、形というよりも情念だ。ネガティブではないけれど重い写真。何て言うのか、人の感情、喜怒哀楽、あるいは人が生まれ暮らし死ぬことの意味、みたいなことが、空間の内部に充満し、饒舌な造形の表層にまとわりついているかのよう。この感じが写真の力によるものなのか、ガウディの力によるものなのかは、どうも判然としない。
 カサ・ミラの屋上、換気塔か階段口か、ガウディらしいモザイクをまとった螺旋状にねじられた円錐の脇に、テレビアンテナがぽつんと立てられている。ガウディの空間に淡々とした現代のありふれた日常がオーバーラップしている、ということがほんとうに何気なく、しかし象徴的に表れている。この無造作なテレビアンテナが、やけに心に残る。遠くにはサグラダ・ファミリアの4つの塔が浮かんで見えている。

 未踏のバルセロナ。太陽と海の加護を受けたこの愉悦の街を、心を空っぽにして何かに導かれるがままに歩き回りたい。なんとしても、永遠の路地裏のサッカー小僧、やんちゃなロナウジーニョがカンプノウのあちこちにファンタジーの花を咲かせている間に。

P.D. Escribi esto para expreso mi gratitud a Srta. A. Muchas gracias...

by mono_mono_14 | 2005-08-31 23:59 | 文/cultura | Comments(2)

初めてのバイナウ

Ho fatto il mio primo Buy Now stamattina. Nello stesso giorno la mia ordinazione non e' sola completa ma gia' uscita a me dalla fabbrica all'estero. Che veloce! Almeno al prossimo fine settimana mi arrivera' l'iBook.

 初めてのバイナウ。大学のゼミ室で初めてあの美しき“Mac Plus”に触れて、マカーの道を歩むことを決定づけられて以来、苦節十有余年(?)、嗚呼、とうとう初めてのバイナウ。・・・と言うほど僕はマカーではないのですが。と言うか全然違うと思います。
 以前、冗談交じりにコボしてみたのだけれど、やっぱり今の僕の日常を冷静に判断するに、コレがあった方が真人間として生きるために便利なので(って大げさすぎ&情けなさすぎ)。どう考えても超ライトユーザーな僕には、ちょっぴりメモリを積み増した程度の小さなiBookで十分なはずゆえにそんなチョイス。イタリア代表色(ただし自称)の超々レガシーなiMacから見れば、あり得ないくらいの進化。単純に嬉しい心持ち(ただし現時点)。
by mono_mono_14 | 2005-08-29 21:32 | 雑/quotidiana | Comments(0)

「ローマ人の物語」の秋

I quattro nuovi libri tascabili di Nanami Shiono sono stati usiti. Da tanto tempo conoscevo questa serie delle "Storie Romane" ma onestamente era recente che cominciavo di leggerli. Sono interessanti anche se non mi piace molto la storia.

 『ローマ人の物語』の文庫版が4冊出ていた(17-20巻)。ハードカバーの単行本が売れに売れているらしいのを知ったのはずいぶんと昔のことだけど、歴史に対する関心はお世辞にも高いとは言えず(なぜ低いと潔く言えないのか)、また、自分の本棚にあの単行本が1巻から順に揃っている威容にも抵抗感があった。まあ、僕にはよくあることだとは言え、難癖つけながら食わずに嫌って、それでいてちょっぴり気になる存在として遠巻きに覗き見してもいる、という、まったくもってうざい態度で、このベストセラー・シリーズを眺めていた僕だった。

 もうちょっと塩野七生を読もう、と思った理由は、よく覚えていない。ルネサンス著作集が、書き下ろし1冊を加えて新装再販されたのもきっかけのひとつだったと思う。『ローマ人への20の質問』とか軽めの本に接していたのも、食わず嫌いの垣根を低くするのに役立っていた。そうこうするうちに、渡りに船で『ローマ人の物語』が文庫化され、ようやくおずおずと箸を伸ばしたのであった、って前にも書いた。文庫版は、シリーズ道半ばで早くも20巻だから、トータルでは50巻くらいのシリーズになってしまうのかも。

 歴史に対する関心は相変わらずお世辞にも高いとは言えず(略)、従って自分がこのシリーズを歴史スペクタクルとして楽しんでいるのだとは思えないが、しかし、おそらく冒険譚や人物伝として愛でているのだと思うが、やたらと面白い。ちまちまと回りくどいようでいて、実は大なたを振るってばっさばっさと組み立てているような文体も、僕の好みにあった。文章の意味のブレ幅をコントロールすることに意を払った構文とか、ディテールで言えば読点の打ち方とかに好感。もっとも、歴史に対する関心は(略(略))、そのためか、どの本も、あー面白かった! という以外の感想その他があまり残っていないところが、悲しくはある。来月出版予定分も含めた7冊の文庫本を秋の夜長に読みながら、せめて所有作品のリスト化と一言メモくらい残すようにしてみよう。
by mono_mono_14 | 2005-08-29 18:40 | 本/libro | Comments(0)

秋のデニム

Mi sono comprato i jeans marroni da Margaret Howell che e' stato il mio primo shopping di vestito in questo autunno. Sono contentissimo di averli. Mi piace vestirmi nell'atmosfera dell'autunno.

 もしかしたら半年ぶりかと思うほど久しぶりにマーガレット・ハウエルに行き、今シーズンの新作だという茶色のデニムを買った。MHLがこの秋冬に草木染めふうの茶色のデニムを出したというのはニュースとしては知っていたのだけれど、正直、あんまり興味がなかった。ところが実物を見た感じが予想に反してとてもよかったのだ(逆に、むしろ期待していたインディゴブルーの方はイマイチに映った)。ペインター型という、MHLが得意にしているゆったりしたシルエットのデニムを選んだ。ついでにスニーカーも買ってしまった。コンバースみたいなシンプルなハイカットのスニーカーで、えも言われぬシブい色合いのグレー。ハンドメイドだというソールの仕上がりには、あっさりと壊れていきそうな不安という、工業製品にはない味わいがある。ウールを洗ったというジャケットも興味深いけれど、問題はサイズ感(僕がデカすぎるだけですが)。これは保留にしてしまった。
 夏らしい時間をあんまり持てないまま夏が終わってしまうのは不本意だけれど、秋冬は着るものを考えるのが楽しいのが嬉しい。
by mono_mono_14 | 2005-08-28 21:11 | 雑/quotidiana | Comments(0)

Abdel Wright

Ho comprato il primo (forse) cd di un artista giamaicano chiamato Abdel Wright. Contiene le undici canzoni melodiche che scrivono una faccia amaretta di questo mondo.

 数寄屋橋のHMVで Abdel Wright というジャマイカのアーティストの自らの名を冠したアルバムを買ってみる。たぶんデビューアルバム。店員さんの推薦コメントには、U2のボノが「ジャマイカが生んだボブ・マーリー以来の才能だ」と言ったとかいう情報に加えて、ジャック・ジョンソンやテテの名も書き記されていて、つまり、今の僕がふらふらと手に取るに足る惹句になっていたのであった。少し試聴してみてゴーサイン。

 全体的にレゲエ色は強くなく、アコースティックな音づくりの愛おしい感じのポップ・ソング。ジャマイカンな英語の響きが心地よいアクセントになっている。やや過剰気味の脚韻も僕は好きだな。地理的にはアメリカの方がよほど近いのに、どこかしらイギリスの若手バンドっぽい音が鳴るのはジャマイカが負っている歴史ゆえか・・・などというのは考えすぎで、アーティストの音楽的指向&嗜好だろう。内省という姿勢が音に与えるニュアンスなのかも知れない。・・・単に僕の耳にバイアスがかかっているだけなのかも。。。

 ポップ・ミュージックのスゴイのは、曲がもたらす印象と詩が訴える世界とを平等に併置して、自由に組み合わせて表現してよいところだと思う。自意識過剰なほどにトンガッていた頃のポール・ウェラーは、軽快なボッサに乗せて「今宵、手首を切ってもいいかい」と歌ってみたりしていた。このアルバムでアブデル・ライトが紡いでいる世界も同様で、軽やかなハモニカやペダル・スチール・ギターの音色の向こうで「ねえ、それ、ちょっとくらいは変えようとしてみたことある? それとも、それが人間のやることだっていうつもり?」(超拙訳ゆえ原詩を別記)などと歌っている。この曲「Human Behaviour」が、このアルバムの僕的ベスト・チューン。

 こうやって歌詞カードを追いながら曲を聴いていると、僕は、たぶん、詩よりも曲に重きを置いてポップ・ミュージックを聴いているんだなあと思う。曲に惹かれるのがベースで、そこに詩が深みや奥行きを与える(ことがある)。だから、歌詞の意味を簡単には掴みきれない海外のアーティストの方を好んで聴くんだと思う。今の僕には、日本語の歌詞は作品のバランスを失うほどに重く伝わってしまうみたい。曲にたゆたうよりも詩に寄り添いたいキブンが強くなれば、日本のアーティストをもっと聴くようになるのかも。外国語がすんなり聞き取れてしまうという事態が訪れなさそうなのは、喜ぶべきことなのか悲しむべきことなのか。
Long time you a pressure me sister
Tek it a little bit easy on my brother
Can you ever try to change it mister
Or is it human behaviour? (「Human Behaviour」より)

by mono_mono_14 | 2005-08-28 19:54 | 音/musica | Comments(0)

new york DELI のランチボックス

Ho comprato una colazione al sacco da ikesei. E' stato abbastanza buono. Il pacchetto cartario e' disegnato bene ed immagino che sia interessante a creare un piatto appropriato per questo pacchetto.

b0018597_1534378.jpg イケセイでランチボックスを。「new york DELI」とかいうところの、TryMeee!!なんていう妄想肌にはシゲキ的な一言が添えられた、紙包みのお重。紙を折りたたんでつくった小さな箱の下半分にご飯が詰められていて、その上にオカズに相当するパックが乗っかっている。けっこう迷った末に、カシミールカレーという、辛そうなどす黒いルーが不敵に笑うパックを買ってみた。

 レンジで少し温めなおして、おもむろにご飯にルーを全部かけてみる。かけながら、もしや底からルーがだだ漏れに垂れてくるのでは? と焦った。どう考えてもその食べ方で正しいはずなのだけれど、紙が折りたたまれただけの器めがけて液体を注ぐという行為には、やはり一抹の不安がよぎる。心なしか急ぎ足で食べてしまった。美味しゅうございました。思ったよりきちんと辛かったし、具の夏野菜も存在感があった。
 僕はご飯を温めなおせなくてもあまり構わないタイプなので(というか、お弁当はそういうものだったよ)、新宿御苑とか鎌倉の海岸とかでぼけーっと寝ころんでいるだけなんていう至福の時のランチにも使えると思う。問題は、最近、こういう至福の時がめっきりないこと。

 紙を折りたたんで留め具でハンドル(持ち手)ともども留めただけのシンプルなつくりだけど、よく出来ている。こういうのをデザインするのは、きっと楽しいだろうな(もちろん、いろんな苦労や不愉快もセットになっていると思うけど)。このパックに合うメニューを考えるのも楽しそう(もちろん、以下略)。
by mono_mono_14 | 2005-08-27 15:34 | 味/buono | Comments(0)

ala@神楽坂

Ho provato la cena ad un ristorante italiano chiamato "ala" a Kagurazaka. Secondo me non e' la cucina italiana autentica ma abbastanza buona. Un cuoco italiano famoso Carmine-san dice nel suo libro di cucina che usare condimenti italiani fa la cucina italiana. Mi sono ricordato questa frase ad ala.

 友だちの送別会(厳密には違うんだけれどわかりやすく言えばこう)が神楽坂のイタリアンで開かれた。神楽坂は近所なのにも関わらず僕は知らない店で、名を「ala」という。翼のala。イタリアの翼でアリタリア(ali+italia)。神楽坂の裏手の地下にあるこぢんまりとしたお店。2人がけのテーブルが10卓くらいだから、ちょっとした集まりなんかがあれば、すぐに満席になってしまうと思う。地下だけどテラス席もある。3,980円のプリ・フィクスのコースとワイン。正統派イタリアンというよりはやや創作系が入っている感じだけど、ちゃんとイタリアンらしく仕上がっていた。その時に飲んだワインは何とかネロ(汗)という種類のシチリアのワインで、やや軽やかで夏向きの赤だった。ワインはここでちょっぴり勉強(?)してるけど、実践がまったく追いつかず(勉強も完全に怠慢ですが)。
 同じく神楽坂の辺りを本拠地にしている有名なカルミネさんが書いた本が僕の教科書(の1つ)なのだけど、それには、ベースの調味料とハーブをきちんとイタリアンにすれば、食材が和風でもちゃんとイタリアンに仕上がると書いてある。alaの料理も、あー確かにそんな感じだなと思った。神楽坂は、イタリアンに較べると圧倒的にフレンチが強い街だと思うので、長く頑張ってほしい。
by mono_mono_14 | 2005-08-25 21:51 | 味/buono | Comments(0)

Groundscape Design

 先週末だったか、賢い賢い東京大学の土木・建築・都市という異なる広がりの空間デザインを専攻する第一人者を集めて開催されたシンポジウムの記録を核にした『グラウンドスケープ宣言』という本を見つけて、ぱらぱら眺めて、これはおもしろい! とレジへ。必ずしもシゲキ的という意味だけでなく、反面教師的な意味も含めた“おもしろい”なのだけれど。

 この本のもとになったシンポジウム、そのシンポのもとになった展示、どちらも知らなかった。見に行きたかったな。篠原修・大野秀敏・西村幸夫・内藤廣という、業界では著名な東大教授を並べたシンポジウム。司会は内藤廣。本で読む限り、内藤の舵取りがすごい。正直、建築家としての内藤廣のことはあまり知らないのだけれど、なかなかのキレ味(繰り返しますが本で読む限りの印象の話)。
 土木・建築・都市の3つの領域の先頭に立っている(?)3先生の話を較べると、申しわけないけれど、都市が群を抜いて劣っている。先生が劣っているのか、都市が対象としている世界が劣っているのかは判断つきにくいけれど。でも、普通に考えれば、都市がいちばん面白くてもいいんじゃない? きっと学問や実務の専攻としての都市が冴えないんだな、と思う。考えさせられるところが多い。

 シンポもシゲキ的だけれど、その前段の展示では、薄いコルクで地形をつくった壮大な土木スケールの模型が並んだそうで、それも見てみたかった。2003年5月のことだったらしい。そんな情報、掴んでなかったもんなあ。。。アンテナ磨かないと。。。

 「Groundscape」というのは内藤が編み出したコトバらしい。中沢新一の「アースダイバー」なんかとも通底してそうな感じがする。建築をはじめ、いろいろなものがどこまでも白く透明になっているような気がするけれど、一方で、どこかしら“土っぽい”感じも寄せてきているのかも知れないな、と思う。その系列に路地への関心もあるような気がする。
by mono_mono_14 | 2005-08-23 22:10 | 本/libro | Comments(0)

コンビニ随想

 近所の生鮮スーパーがコンビニになって、やがてお酒を置くようになり、すぐそばにあった酒屋さんがしんどくなっている、という話を以前に書いた。この夏、酒屋さんのすぐそばで生鮮スーパーが開店した。今のところ、お酒は置いていない。すると、コンビニの客足が鈍っていて、新しくできたスーパーで買い物した人が酒屋でビールも買って帰っていったりしている。こういう現象を目の当たりに観察できてけっこう面白い。もっとも、もしスーパーがお酒を置くようになったら、状況はまた一変するだろう。
 もし家の近くに1軒だけお店があるんだったら何がいい? と訊かれたら、セブンイレブンと答えるかも知れない。でも、生鮮スーパーと酒屋があったらコンビニの優位性はすごく下がる。今、ここで話題にしている場所は、商店街と呼べるほどのところではないのだけれど、いわゆる商店街が全体で持っている底力は本当は大したもので、そのことを住んでいる人もお店をやっている人も、もっときちんと認識するべきだ。コンビニがあればオッケーだ、なんていう意識で暮らしちゃいけない。この続き(?)は、三浦展『ファスト風土化する日本』にて。さらにその続き(?)は、平田オリザ『芸術立国論』にて。・・・まあ、「続き」かどうかはわからないけれど、とてもおもしろい視点の本(どちらもハンディな新書)なので、ここでオススメしておきます。

 コンビニを少し悪者にしてみたけれど、それでも近所のコンビニがなくなると、とても不便を感じるだろうと思う。なぜなら、僕の不規則な生活時間に対応しているのがコンビニだけだから。大昔、「開いててよかった」というのがコンビニの売り文句だった。最近は、あまり聞かないけれど、今まさに、「開いていること」がコンビニの大きなアドバンテージになっている。もともと夜中に食べたくなった柴漬けが買えるのがコンビニのウリだったのだ。
 そこから出発して物販ではなくサービスを伸ばすことで都市生活における存在価値を高めてきた。証拠に生活雑貨の品揃えは20年前と変わらない低水準だ。サービスを伸ばす上で大きな画期をなしたのが、たぶん、公共料金の払い込みを引き受けたことだと思う。宅急便が出せて、カラーコピーが取れて、デジカメ写真の現像ができて、ATMがあって、チケットぴあにもなる。今日も宅急便を出し、セウ・ジョルジのチケットを買って、そのついでにエビアンも買った。売店を併設した日常生活サービスのサポートステーション、これがコンビニの姿であって、今後、この傾向が弱まることはないと思う。地方の特定郵便局長さんにもこの野心的な社会貢献に乗り出す機会を与えてあげてはいかがでしょうか、というのは無理やり持ち出してみたまた別の話。
by mono_mono_14 | 2005-08-21 16:53 | 街/citta | Comments(2)

ブック・バトン

Ho ricevuto un "book baton" e per cui ho potuto riguardare una mia piccola storia libraria. Grazie a Kaioko-san, sei molto gentile che mi hai porto quel baton ancora, e di cui sono molto contento.

 ちょっと前にブック・バトンなぞいただきました。渡してくださったのはこちら。遅くなってしまったのですが、チャレンジしてみました。そしたら、ちっともうまく書けた気がしないのに無駄に量ばかりが長くなってしまいました。。。・・・ということをご了解の上、よろしければご一読を。

 改めて見るといろいろなバトンがあるんですね。僕は、これが2つ目のバトンですが、何を書いたらいいものか悩みつつも結構楽しいし、案外、自分でも発見があったりします。読んでくださる方にとってどうなのかというのは甚だ心許ないのですが、よく考えれば、それは全てのエントリで当てはまることでした(痛)。

冗長なブック・バトン
by mono_mono_14 | 2005-08-19 22:45 | 本/libro | Comments(2)