人気ブログランキング |

<   2005年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

日本 対 バーレーン[ワールドカップ予選(3/6)]

Il Giappone ha vinto la partita contro il Bahren che doveva vincere. Basta. Le punizioni e angoli andavano bene. Era difficile di sapere che la squadra di Zico voleva giocare. Nakata ha giocato cosi' cosi' e Nakamura ha fatto bene. L'arbitro era brutto.

 とにかく勝てればいいという試合で、とにかく勝った。もうそれだけって感じだけど、予選だからそれでいいです。
 やはり気がかりなのは、チームカラーというかやろうとしているサッカーがぼやけていく一方に思えること。約束事が多ければいいチームというわけではないと思うが、個の力で勝つチームにはなり得ない以上、もう少しどうしたいのかが見えるチームである必要があると思う。自慢のセットプレーもほとんど跳ね返されてしまった(決勝点はフリーキックからもつれたオウンゴールだったけれど)。

 中田ヒデは、今ひとつパスの呼吸が合わず(たぶん本人のキックミスもありそう)、少しずつチーム内にフラストレーションを溜めているように見えることもあるが、やはり、中盤でのアプローチとか、パスコースのつくり方とか、視野の広さとか、総体としてとても高いレベルにある。中田くらいの運動量を見せる選手がもう少しいてもいいと思うのだけど。
 トップ下を任された中村はクラスの違いを見せつけた。ボールキープ、パスさばき、プレースキック、いずれもハイレベル。ディフェンスもきちんとやっていた(やはりイタリアでは真剣に守るということが身につくのだろうか)。後半、右サイドで中村がボールを持った時に、相手が間合いを全然詰められない場面があり、ピッチ上で中村がどれだけ威光を放っているのかが窺い知れた。寄せたら抜かれるとしか思えないんだろうな。ただ、試合終了間際に軽率なワンタッチパスを相手に引っかけて逆襲を食らった。あれはナシってことで。ああいうプレーからの逆襲で、どれだけ後ろが余計な緊張を強いられるか。12年前のドーハでは、迂闊なチャレンジパスから逆襲に遭い、それで与えたコーナーキックから失点したのだ。
 スリーバックは無難にまとめた感じがあるけど、シュートレンジに入ってもずるずるラインを下げるだけという場面があるのは落ち着かない。最終ラインだけの責任じゃないとしても、総じてブレイクが遅いように感じる。加地と三都主の両サイドは、イラン戦の加地と三浦よりも、ずいぶんとよかった。特に、後半はふたりとも積極的だった。三都主は、システムもいいけど個としてやらなきゃいけないことがあるだろう、という意識が強いと思う。後半は、それがいい方向に回った。しかし、クロスが決定的なチャンスになりそうな気配は、あんまりなかったような...。
 鈴木はそこそこ機能して、高原はさほどでもなかった。後半15分過ぎたら高原に代えて柳沢、と念じていたのだが、鈴木に代えて玉田だった。鈴木の方がいいプレーをしていて機能的だったと思うが、コンディションに問題があったのかも知れない。
 それにしても審判のレベルが低い。北朝鮮ではジャッジを巡りオーバーヒートがあったみたいだけど、たぶん審判にも非がありそうな気がする。ついでに書き添えると、試合後の番組で「日本快勝!」のテロップを堂々と掲げる中継局のスタンスもいかがなものかと思う。

[1]日本 対 北朝鮮
[2]イラン 対 日本
by mono_mono_14 | 2005-03-31 20:04 | 蹴/calcio | Comments(0)

ある惹句

Una parole pubblicitario di un libro che ho visto e' quella da un libraio. Una sorpresa. Generalmente il commento della pubblicita' deve essere fatto dai famosi, per esempio Hide Nakata. Ma forse sarebbe il tempo cosi', e se si', sarebbe interessante.

 たまたま目にとまった地下鉄の中吊り広告は、新人作家によるミステリの翻訳本の宣伝だった。大きな文字で書かれたカギカッコつき、つまり何かから引用した惹句は、なんと紀伊國屋書店の一店員さんによる感想のようだった。書店の店頭POPならともかく、中吊り広告のようなところに引用する場合、普通、「ニューヨークタイムズ紙」とか、「京極夏彦」とか、「中田英寿」とか、いや何でも構わないのだけれど、宣伝効果を高めそうな媒体を用いるんじゃないか。ちょっと驚いた。もしかしてカリスマ書店員なんだろうか。
 しかし、本屋やCDショップの店頭では、店員さんの思い入れの詰まった手書きの(概して達筆とは言い難い)推薦コメントを頼りに衝動買いしてしまうこともままあるわけだから、そう考えれば、中吊り広告が店員さんの激賞コメントでもいいのかも知れないはずなんだよね。でも、違和感が残る。器と中身がどこかアンバランスに感じられるからだと思う。
 新聞の書評欄と、書店の手書きPOPと、誰かの読書ブログと、知り合いの口コミとでは、僕の情報の受け取り方は違う。目盛の刻み方が異なるモノサシを入れ替えながらそれぞれの情報を判断している。「地下鉄の中吊り広告」という器に盛られた「ある書店員の激賞」という中身が、僕の意表をちょんと突いたのだった。
 ネット検索とかの経験が積み重なるに連れて、玉石混淆の情報の海の中から僕なりの情報の見つけ方、受け取り方、評価の仕方を身につけてきている気がする。これ、きっと僕だけじゃないと思う。こうやって情報の受け手側のセンサーが変わっていけば、情報の送り手側の戦略も変わっていくだろう。情報だけでなくモノの生まれ方からして変わってくるだろう。これからますます意表を突かれる機会が増えそう。何だか楽しみ。
by mono_mono_14 | 2005-03-30 23:59 | 雑/quotidiana | Comments(0)

吉本隆明・糸井重里『悪人正機』

Un libro scritto da Takaaki Yoshimoto (il padre di Banana Yoshimoto) e Shigesato Itoi il titolo di cui significa "I cattivi si sono salvati veramente" mi ha detto tante cose di importante. Pero', forse questo libro e' creato dalle interviste, penso che si avesse poter farlo meglio.

 『悪人正機』という、吉本隆明と糸井重里が書いた本を読み終えた。正確には、糸井が吉本の話を聞き(インタビューし)、それを糸井が編集した、という感じだと思う。本文中は吉本の一人語りのような体裁になっている。テツガク的なことから身の回りのちっぽけなことまで、多岐にわたるお題が語られる。示唆的な言い分がたくさんあった。悪人正機とは、「悪人こそが阿弥陀仏により救われ、往生をとげることができるということ。浄土真宗の開祖、親鸞が説いた。」のだと、手元にある集英社国語辞典にある。よく生きるための価値観について揺さぶりをかける“悪い”本だ。
 たぶん、テープ起こしからつくった本だと思う。僕も会議や聞き取り調査のテープ起こしをつくることが多々あり、その編集が割と得意だと勘違いしているから不遜にもこう思うのだが、もうちょっとだけ読み手の財産になる編集ができたんじゃないか、吉本はもっともっと言外に語っていたことがあるんじゃないか、という気がする。会話の現場では、空気で理解される事柄がたくさんあるけど、文章にする時には読み手のためにその空気を補ってあげないといけない。例えば、「今回のコレを、こないだみたいな感じでアレしてもらいましょう」みたいな発言は、その場では通じても、後から字面だけを追う人には翻訳してあげないと伝わらない。そこを翻訳しながら、語りのライブ感も残すのは、とてもとても大変な作業で、労働対価的にはまったく割に合わないんだけど、絶対にやる価値があると思う。たぶん、この一連の吉本の語り下ろしでも、そういう作業はヤになるほど重ねられたのだろうけれど、でも、ときどき置いてけぼりを食ったようなキブンで話題が移ろってしまう部分もあって、あともう少しやれたんじゃないかな、という印象が残った。でも、とても得るものの多い本であることは確か。吉本隆明はずいぶんとおじいちゃんだけど、何ともしなやかだ。

[つづき]示唆的な言い分
by mono_mono_14 | 2005-03-29 23:59 | 本/libro | Comments(0)

映画『オペラ座の怪人』

Finalmente ho visto il film "the phantom of the opera" al Virsin di Roppongi Hills. E' stato veramente bravo. Le belle canzioni, belle immagini. Dopo un piccolo episodio la scena diventa improvvisamente e drammaticamente. Questa scena mi ha colpito, e' stata veramente bellissima. Vorrei vedere anche il teatro musicale dello stesso.

 ようやく映画『オペラ座の怪人』を観てきた。すごかった。
 冒頭、モノクロの画面。廃墟と化したオペラ座で開かれているオークションは、会場の朽ち果て具合ともいい勝負のしみったれた感じで進む。因縁のありそうなサルがシンバルを叩くオルゴールを巡り老子爵と老婦人の小さな競り合い。ふたりは知り合いのよう。老子爵が落札。次の出品は事故で落下したシャンデリア。復旧して灯りがつくという(こんなの出品されんのかいな、ヘンなの、と訝しがりながらスクリーンを観ている僕)。ご覧ください、との声で、シャンデリアがつり上げられ、点灯する。すると・・・! オペラ座の怪人の序曲が鳴り響き、シャンデリアが床から天井へとつり上げられていく動きに合わせて、モノクロの朽ち果てたオペラ座が、竜巻のようにうねりながらみるみると床から天井まで栄華を誇る往時の姿にカラーで蘇っていき、時間も1919年から1870年へとさかのぼる。とにかく圧巻、すごい迫力、もうこのシーンだけであっという間に引き込まれてしまった(・・・あー、なんていう描写力のなさでしょう、さめざめと泣けてきますわ)。
 その後の映像もすごく迫力があったな。デコラティブで濃密なディテールがオペラ座の華やいだ景色を描き出し、一方、怪人の登場場面では翳りのある抑えたトーンが物語に奥行きを与えている。そして、無知を晒してしまうのだけれど、楽曲という楽曲が素晴らしいミュージカルなのだった。もう1回、観に行ってもいいかも。そして、これだけ曲のいいミュージカルだとなれば、やはり映画だけでなく舞台でも観たくなるのであった。
 ロンドンで観る機会は、まあ訪れないでしょう。日本では劇団四季が上演しており、かつては市村正親とか山口祐一郎とか鈴木綜馬(芥川英司)が怪人だったりラウルだったりしながら歌いまくったそうなのだが、そんな時代にはミュージカルには見向きもしていなかった僕なのであった。現在は、汐留の電通四季劇場「海」でロングラン公演中の模様。観に行ってみるべきかなあ(チケットが取れるなら、ですが)。
by mono_mono_14 | 2005-03-28 23:08 | 芸/arte | Comments(0)

葉山の海とハンス・アルプの彫刻

A sabato di bel sole una mia amica ed io siamo andati al museo dell'arte moderna a Hayama per vedere una mostra di scultura da Hans Arp. Il museo si trova piu' vicino al mare e mi ha piaciuto molto. Anche la mostra e' stata bravissima. Quasi tutte le sculture mi hanno piaciuto. Dopo abbiamo fatto una passeggiata sulla spiaggia. Siamo stati confortevole ovviamente.


b0018597_19481946.jpg 穏やかなお天気に恵まれた土曜日、葉山の海まで少し遠出。一昨年にできた神奈川県立近代美術館葉山館でこの日曜日まで開かれていた『ハンス・アルプ展』を観る。一度行ってみたいなあと思っていた海沿いにあるこの美術館、予想通り、とても気持ちよかった。そして、展示もとてもよかった。すごく気に入った。
 ハンス・アルプという彫刻家は全然知らない人だったのだけれど、滑らかな曲面の彫刻群は、どれもよかった。どういうふうに、この形でよし、この丸みでいこう、と決まるのかは、わからないけれど、作家の決断の結果、僕らの目の前に差し出されることになる作品の形が、ことごとく気に入ったなあ。素材も、ブロンズ、大理石、木、ジュラルミンといろいろあったが(ブロンズが多かった)、そのどれもがそれぞれの魅力を放っていた。どの作品も思いの外小さく、卓上サイズと言ってもいいような大きさのものもあった。ドローイングやより平面的な作品は、可もなく不可もなくという感じだったけれど、色合いがとても好みだった。この展示は、「日本におけるドイツ年 2005/2006」のイベントの一環らしく、今後、3つの美術館を巡回するようだ。
 美術館もなかなか雰囲気がよく、とりわけよかったのは海が見える展示室。展示室の壁の一部に窓があり、そこから葉山の海がきらきら見える。すごく気持ちがよくて、ベンチに腰掛けてのんびりしてしまった。たぶん、美術作品にはシゲキの強すぎる部屋かも知れないので、展示できる作品はとても限られるだろうけど。今回みたいな彫刻を置くには打ってつけの部屋だ。
 レストランも海が見える。少しだけどテラス席もあり、そこで気持ちよく過ごした。ただ、ちょっとレストランが小さすぎて。お客が入らない日も多いんだろうけど、もう少し広くして、もう少しメニューを充実させれば、レストラン目当てで来る客もできるだろうに。せっかく美術館の入館料を払わずに利用できるんだし、このロケーションなんだから。惜しいなあ。
 美術館から海岸に出て、のんびり散歩。久しぶりの海を感じられて嬉しかった。
b0018597_2235960.jpg
 (もし、写真が8枚見えていないようでしたら、せっかくなので写真をクリックしていただければ、と思います。)
by mono_mono_14 | 2005-03-27 23:59 | 芸/arte | Comments(0)

イラン 対 日本[ワールドカップ予選(2/6)]

Il Giappone e' stato battuto dall'Iran (2-1) poi e' caduto al terzo posto della classifica del girone B. Forse cambiare la formazione da 3-5-2 a 4-4-2 prendeva un po' di disarmonia alla squadra pero' ho pensato che ogniuno sul campo dovra giocare piu' forte. La prossima partita contro il Bahrein e' molto molto importante.

 引き分けに持ち込むチャンスは大いにあったけれど、まあ敗戦という結果も当然あり得たことだったから、ショックはあまりない。8年前、内容的にも圧倒していて勝てるはずだった国立競技場での韓国戦を落として狂った歯車を思えば、よほど穏やか。フランスへの道は険しかったが、隣国ドイツへの道もまた平坦ではないってこと(あの時よりも今回の方が試合数は少ないけれど。でも出場枠は多い(ヘンなの))。
 3-5-2から4-4-2へのシステム変更が、チームにとってどれくらい影響があったのかはわからない。たぶん影響はあったのだろう。でも、チームや自分がうまく機能しないのを、すべてシステム変更のせいにはできない。この日の4バックを見て、あー日本はサイドバックがいないんだなーと思った。優秀なセンターバックは多く、だから3人のセンターバックで守る3バックの方が安定する、ということなんじゃないか。三浦淳なんて、ほとんど守れてなかった気がする。かと言って、攻めに圧倒的な迫力があったというわけでもないし。守りが気になるから攻撃の方もイマイチ中途半端、ということになってる感じ。アレックスがやっても同じようなことになるだろうけど。右サイドの加地は、攻め上がりのタイミングを掴んでおり、チーム内での理解も得られているようで、ボールが回ってくるところまではすごくいいんだけど、センタリングがひとつも上げられない(ええ誇張です)というのが深刻な気がする。
 海外組は、相対的にはよかったと思う。コアになっていた(ポジション的に当然とは言え)。中田ヒデの運動量と視野の広さ、スペースを突く姿勢はよかったし(ボランチの位置に下がってからの存在感は、彼の適性が必ずしもいわゆるトップ下とは限らないことを示したのではないか)、中村もボールを持っている時の自信を感じさせた。交代で入った柳沢もキレがあった。しかし、高原は、ポストで持ち堪える役がもう少しできなきゃいけないはずだと思う。小野も悪くはないけど、ヘンにバランサーになりすぎ、結果としてやや消極的に映った。宮本は思いの外危うく、中沢のフィジカルは実は相当悪かったのではないか。
 このイラン戦よりも、30日のホームでのバーレーン戦の方がもともと大事だ。日程的に、ホームなのにコンディションが必ずしも万全ではなさそうなのが不安だ。負けられないホームでの大一番に気合いがうまく乗り切らない、乗りすぎて空回りするといった、ナイーブな展開もあり得るし。何よりも、きれい事を超えたスピリッツが表出された試合を望みたいなぁ。

[1]日本 対 北朝鮮
by mono_mono_14 | 2005-03-26 23:59 | 蹴/calcio | Comments(0)

またもや...

L'excite mi ha ancora ammonito su degli link che ho fatto oggi. Mi fa veramente spiaciuto anzi arrabiato.

 またもやエキサイトさんから警告コメントをいただいた。

[つづき]以下、ぼやき
by mono_mono_14 | 2005-03-25 22:44 | 雑/quotidiana | Comments(1)

超美味! トンマズィーノ

Buono! Buonissimo!! A volte sentivo che si mangia bene alla Trattoria da Tommasino e finalmente ho pututo andarci. Tutti piatti che abbiamo preso sono stati buoni, anche il vino rosso siciliano. Credo che e' sicramente la trattoria italiana del numero uno a Tokyo per me. Mi piacerebbe mangiare da Tommasino almeno una volta al mese.

 かねてから美味しいという話は聞いていたのだけど行く機会を逸していたイタリアンのお店。とうとう行くことができた。先週の金曜日、テテの素晴らしいライブが終わったあとのことだ。この日も普通の晩ご飯の時間帯なら予約で満席だったようなのだけれど、10時頃からという遅めな時間だったこともあり、かろうじて予約が取れたのだった。「Trattoria da Tommasino」、トンマズィーノさんの食堂。東京メトロ銀座線の外苑前駅から国立競技場の方へ少し進んだところの2階にある、さほど大きくないお店だ。余談だが、この場所は以前、「サン・イシドロ」という、これまた美味なスペイン料理のお店が入っていた。お店をやっていたのはおおつきちひろさんという、肝っ玉母さん(?)で、彼女が書いた『スペインの食卓から』という本を読んで食べに行ったことがあった。サン・イシドロは数年前に渋谷に引っ越していっそうバリバリ繁盛中(の様子、引っ越してからはまだ行ってない)。閑話休題、トンマズィーノである。
 いかん。いかんですよ。美味すぎる。僕の史上最高に美味しいイタリアン・レストランの称号を迷わず与えちゃう(・・・と言うほどあちこちで食べているわけではないので、史上最高もたかが知れてるんですけどね)。どうやらコースなどは設定されていないようで、甲乙つけがたい料理名が並ぶメニューから迷いに迷いつつ選んだ。
 前菜に選んだ「モッツァレラを詰めた赤ピーマンのオーブン焼き」が超絶に美味しかった。そしてメインの「地鶏のシチリア風オーブン焼き」のふっくらジューシーなこと! パスタも粉の風味が香ばしくスルスル入ってしまった。今度はショートパスタも食べてみたい。スタッフの人と相談して決めた「サンタゴスティーノ」というシチリアのワインも美味しければ、自家製パンも美味しい。初めて食べたカンノーリがまた美味と来た。量的にも満足いくまで食べたのに、お腹がちっとも苦しくないのがまた不思議だった。まるで胃がアンコールを求めているかのよう。いかん。いかんですよ。美味すぎる。
 スタッフの接客態度がまた素晴らしい。気さくで親しみやすいけれど決してくだけすぎていない絶妙な距離感。身だしなみも笑顔も爽やかな男性スタッフたちは、動作もきびきびしていて気持ちいい。女性客が圧倒的に多いことの一因になっているのではないかと思ったり。胡散臭いほど褒めっぱなしになってしまっているけれど、ほんとうにいいお店だと思う。必ずしも安いというわけではないけれど、でも月に1回くらい食べに来られたらシアワセだなー。
 このトンマズィーノ、浮ついたところのない美味しいモノ好きで名の知れる(?)渡辺満里奈サンが、ご自身の飽くなき美味探求の日々を余すところなく伝える『甘露なごほうび』でも何度か登場していたと記憶している。
by mono_mono_14 | 2005-03-25 18:11 | 味/buono | Comments(0)

異文化コミュニケーション

A mezzanotte mentre cenavo da solo ho guardato la tv. Poi un programma cominciava nuovamente in cui i protagonisti stavano facendo un esperimento di communicare tra gli stranieli che non capire i loro lingue scambievoli. Mi faceva interessante inaspettatamente.

 昨夜、日付が変わる頃に帰宅し、遅い晩ご飯をのんびり食べながら、ゆるーくテレビを観ていた。いい加減に寝たらよかろうものを、という時間になってもゆるーくザッピングを続けていたら、フジテレビで「さまぁ〜ず」が、お互いに言葉の通じない4人の外国人を山荘に招いて「言葉は通じなくても心は通い合うか」という実験をやっていた(「ニューカマーズ」という番組だった模様)。
 スウェーデン、ドイツ、フランス、ドミニカ、日本。自国語以外には、たぶん英語もできない人が選ばれているんじゃないかな、そうでないとカタコトの英語でコミュニケーションを取ってしまいそうだから。みんなでご飯をつくり、各国を代表するお酒を酌み交わし、各国のポピュラーなトランプゲームで遊んでみるというもの。最初はどうしようもなくぎこちなかったが、お酒の助けもあって徐々に打ち解けていく。トランプのルールを言葉でなく理解してもらうのはとても難しそうだったけれど、何となくできてしまっていた。散会の時にはそれなりの友情めいたものが芽生えていたみたいで(すぐに忘れてしまうにしても)。
 役立つ英語ではなくイタリア語なんかを自らの意志で習いに来ていながら、肝心の伝え合うコトやモノに乏しい(ように見えてしまうことのままある)イタリア語講座の風景をふと思い出したり。言葉だけ知っててもしょうがないんだよね。でもお互いの母国語(ここ重要)がわかるのがどんなに素敵なことかということも同時に思った。
by mono_mono_14 | 2005-03-24 23:42 | 伊/italia | Comments(0)

STAND UP SPEAK UP

Ho saputo che dei calciatori europei stanno facendo una campagna di protesta contro il razzismo chiamata "STAND UP SPEAK UP". Il simbolo della campagna e' il braccialetto di bianco e nero che costa due euro della donazione. Mi piacerebbe comprarne una pero' si puo' comprarla solo in Europa.

 アーセナルのストライカー、フランス代表のティエリー・アンリらが中心になって、ヨーロッパのサッカースタジアムから人種差別をなくそうというキャンペーンが始められたのをサッカー誌の立ち読みで知った。「STAND UP SPEAK UP」。そのシンボルが黒と白の2つの輪が交差したリストバンド。ちょっとカッコイイ。欧州主要都市で2ユーロで売っているらしいのだが、どうやら需要に生産がまったく追いついていないよう。リストバンドの売り上げから製造・出荷経費を除いた全額が、ベルギーの「the King Baudouin Foundation」が管理する「the Stand Up Speak Up Fund」に積み立てられるらしい。エセ社会派を気取るファッションアイテムとばっさり斬り捨てることもできるだろうけど、エセだろうとファッションだろうと問題意識を喚起し、活動に要するお金を広く薄く(結果としてたっぷりと)集める作戦は、間違っていないと思う。集めたお金で何をするのかがイマイチ未定っぽいのが気がかりと言えば気がかり。
 ナイキが全面的にバックアップしており、例によってウェブサイトはクールでカッコいい。テレビCFの動画も観ることができる。ヨーロッパの主要言語ごとにつくられているようで、同じ演出なのに言葉の違いで雰囲気が少しずつ違うのはおもしろい。まず“ENGLISH”から見て、中身を掴んだ上で“CHANGE LANGUAGE”していくのがオススメ。言葉は読めなくてもクリックする場所は変わらないから助かる。

 この“リストバンド大作戦”は、ツール・ド・フランスで前人未踏の6連覇を達成した自転車のランス・アームストロングが先輩だ。1ドルの黄色いリストバンドを買うと、癌と闘病する人たちを支援する目的で立ち上げたランス・アームストロング基金に寄付される仕組み。自らもガンに罹病し死の淵から生還したアームストロングが掲げるスローガンは“LIVE STRONG”。フレーズとしてもキマッテるし説得力もある。アテネ五輪などで流行ったらしく、手首に黄色いバンドを巻いているサッカー選手も多い。こちらもナイキが後押ししており、こんな感じのウェブサイトがある(ついでに、この中にあるちょっと雰囲気のいいアームストロングのビデオクリップもご紹介。これ、カッコイイよなぁ)。

 しかし、癌闘病支援はたとえ未経験でも我がこととしてピンと来る気がするけれど、人種差別撲滅の感じがポーズなんかではなくきちんと腑に落ちるのはなかなか難しいことだなと思う。それとも、当事者でない限りポーズでしかあり得ない、ということになるのかな。
by mono_mono_14 | 2005-03-23 19:44 | 雑/quotidiana | Comments(0)