人気ブログランキング |

『秩父は家族』

 ギャラリーの壁に並ぶ白黒の写真はまるで日本昔話のヒトコマのようだった。僕には物語でしかないような風景だった。しかしそこに記されている西暦はどんなに遡っても50年前でしかなく、クワランタが想像できない歳月ではないのだった。
 「原風景を撮り続けて五十年」というサブタイトルに誘われて覗いた「秩父は家族」という写真展、それがとてもよかった、という備忘メモ的エントリ。すまん。
 赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃんまでが一緒に暮らすのが家族であり、たくさんの家族が暮らすのが集落であり村であるのだな、などということを思った。そういう暮らし方や地域のありようがすでに過去に属するものになっているという意味では、日本昔話という言い方は合っていると言えないこともないわけだった。
 豊かになるって難しいことだな。

   南良和写真展『秩父は家族』
   2月24日まで ポートレートギャラリー(四ッ谷)
by mono_mono_14 | 2008-02-15 20:21 | 文/cultura | Comments(0)
<< 周杰倫@武道館 周杰倫『我很忙』 >>