そろそろ出番だ

L'autunno e' arrivato. L'ora legale e' finita ieri. Mi portero' nello stile autunnale. Anche le borse. Delle borse che mi piacciono sono create dalle coperte. Quindi se le usarrei in estate il mio look sembrebbe troppo caldo a tutti, pero' adesso non gli sembra male. Ecco la porto domani!

 11月。ヨーロッパのサマータイムも終わった(僕にとっては、欧州サッカーの生放送の開始時間が1時間遅れる、という影響しかないけど)。もうそろそろ、少しは冬っぽいかっこうをしてもおかしくないだろう。
 ここ数年、贔屓にしているカバン屋さんがある(バッグのショップとでも言い直した方がいいかな)。L.E.D. BITES。読み方は、僕は「エル・イー・ディー・バイツ」だと思っているけど、合ってるかはわからない。ここのバッグがすごく気に入っている。バッグを4つ、セカンドバッグみたいなケースを1つ、持っている。ここのバッグに出会ったのは池袋西武だったのだが、今はもうそこでは売っていない。東京だと、表参道(の裏手)に路面店があり、シブヤ西武に売場がある。確か有楽町阪急にも少しだけ置いていたように思う。
 僕が最初に買ったのは、黒いビジネスバッグ。カジュアルっぽさとビジネスっぽさのバランスが気に入って買った。このシリーズはまだ売っていると思う。次に買ったのが、その年限りの企画モノだと思うのだが、NATOだったかの使用済みの軍用ブランケットをリサイクルしてつくったトートバッグ。これにガツンとやられた。素材の発想、メンズ・バッグなのにもこもこした大きなトートバッグという企画、一目惚れだ。毛布を切ってバッグにしているので、どれも微妙に色合いが違うのもよかった。その1〜2年後、またもやシーズン限りだと思うのだけれど、同じくリサイクルのブランケットを使ったバッグが出た。今度はテープ状にカットしたブランケットと皮革を編み込んだもので、トートや手提げなど数タイプが揃っていた。僕が買ったのは茶系の手提げバッグ。なんとリバーシブルで、裏向けると毛布っぽい手提げになる。こんな無意味にお茶目な遊びも大好きなところだ。一度だけ、街で同じのを持っている女性を見かけた。もうひとつは、たぶん今シーズンのバッグで、1泊出張にも使えるサイズの革のショルダーバッグだ。
 ともあれ、こんな具合で、毛布素材で妙に冬っぽいバッグのため、夏の間はどうしても出番がなかったのだけれど、もうそろそろいいかな。明日はバッグの中身を詰め替えて出かけよう。
[PR]
by mono_mono_14 | 2004-11-01 19:05 | 文/cultura | Comments(0)
<< 僕は通らなかった音楽だけど 引き続き・・・ >>