人気ブログランキング |

いんげんとにんじんの異同について。

Ho provato un piatto nuovo. Purtroppo non e' andato benissimo pero' era abbstanza buono a me. Forse e' stata la prima volta che ho provato una ricetta con la panna.

 新しいリチェッタに挑む。これまでは一考だにしたことのない一品ながら、なぜだか、今日に限っては、まるで吸い寄せられるようにそのリチェッタに目が留まった。料理名は長く無粋だ。「玉ねぎ・じゃがいも・いんげん・茹でチキン」。添えられているイタリア語は「alla panna con pollo e verdure」。これを訳した方が美味しそうなのではないか。僕には美味しそうに訳せないけれど。

 とても簡単なリチェッタだ。じゃがいもを茹でて薄切りにする。いんげんを茹でてざくっと刻む。鶏肉を茹でてほぐす。玉ねぎを炒め、じゃがいもも炒め、生クリームを加えて煮詰め、残りの具もさっと煮る。パルミジャーノとバターで和える。ね、簡単でしょう。
 僕は、どうやら野菜の茹で加減というものを知らないらしかった。おお、そんなところに落とし穴が。ん〜、愛くるしい。
 電子レンジで茹でた。じゃがいもは、やや茹ですぎの感はあるが、まあ茹だった。いんげん。長めの時間設定でスタートして、様子を見ながら打ち切ればいいや、と思った。まつがってますか? そうですか、まつがってますか。スタートボタンを押してすぐに僕はいんげんを茹でていることを忘れた。やがて、どこからか香ばしい香りがしてくる。まるで居間で誰かが石焼き芋を焼いているようだ。やめなさい。誰もそんなことはしていなかった。やがて気づく。おお、おれが茹でているいんげんだな。慌ててレンジを開けると、案の定、イイカンジで焦げている十数本の細長い物体が横たわっていた。諸君。レンジは短めの時間を積み重ねることをお勧めするぞ。
 以前の幼いピュアな教科書クッキンガーであれば、頬を濡らす涙を拭うこともなく再びいんげんを買い求めに走り出たことであろう。しかし僕はもう汚れつちまつたクッキンガーだ。いんげんをにんじんに切り替える。だって他に2文字目と4文字目が「ん」で茹でられる野菜がありますか? ふと見ると、レンジには「茹で野菜」というお任せメニューがあった。言えよ。とりあえず、両手の親指と人差し指で輪っかをつくってみた。自分に。新発見をフル活用してにんじんを茹でる。
 端折ろう。生クリームを投入する。煮詰める。どうなったら煮詰まったわけよ。こんなもんかな、と思ったのは、後の食感から判断するに、煮詰めすぎだったものと思われ。もさもさしたもんな。
 ともあれ、そんなこんなで、おおむね茹だり過ぎの具材をもったりとしたクリームソースで絡めた新作は、まさに「自皿自賛」がふさわしい仕上がりと味わいだった。ソースがもう少しサラッとしてたら合格だったかな。もっとも、この合格も自己採点なんだけどな。自己採点の合格と自皿自賛の線引きはどこにあるのだろう。
by mono_mono_14 | 2007-11-24 23:59 | 味/buono | Comments(0)
<< Un pensiero 水の迷宮の夢 >>