人気ブログランキング |

マドリード風コシード

Un piatto spagnolo che ho fatto oggi era abbastanza buono almeno a me.

 2袋目のヒヨコ豆を開封。『スペイン 熱い食卓』で見つけたマドリード風コシード。肉と野菜を煮るだけ。たぶん最も手間取るの工程はヒヨコ豆を戻すところだ。いや、それも簡単と言うことすら憚られるほどに簡単だが、時間を要するという意味で。教科書には12時間以上かけて戻せと書いてあったけれど、昼前に戻し始めて夕食に使うのだから、せいぜい7〜8時間といったところだ。
 レシピ通りにつくるとすれば骨付き鶏肉が必要なのだけれど、諸般の事情で鶏肉を控えているので、わりと近所の商店街にある肉屋でシチュー用の牛肉とソーセージを買う。ここの煮込み用の牛肉はとてもお買い得。100gで290円。スネとかそういうところなんだろうけれど、いちおう近畿地方の名高い牛肉を店名にも冠しているくらいだから、ブランドなスネだ。きっと。300g買っても千円でオツリが来る。ビバ、わりと近所の肉屋。
 肉とソーセージをたっぷりの水でいきなり煮る。沸騰したらヒヨコ豆も入れる。数十分煮込む。ジャガイモとニンジンとキャベツを投入し、もう数十分煮込む。おしまい。おお。簡単すぎる。調味料がゼロなのが、ラーメンには味も試さずにコショウをじゃかじゃか振りかけるタイプの僕には、やや物足りないと言えないこともないけれど、肉と野菜と豆の滋味が溶け出した一皿は、やはり自皿自賛なのであった。
by mono_mono_14 | 2007-10-21 23:29 | 味/buono | Comments(4)
Commented by kchan0221 at 2007-10-22 05:04
monoさん、こんにちは。ピヨっ。(笑)
コシード?なんじゃそら?と、ちょうど同じ教科書を持っているので
引っ張り出してきて見てみましたが・・・。おおっ!これおいしそう~♪
これからの寒い時期にホコホコウマウマなおいしそうな一品ですね。
調味料が入らないのもびっくりですね。どんな感じなんだろう~?
ちょっと今度時間があるときにやってみま~す。
Commented by acine at 2007-10-22 22:29
monoさん お久しぶりです。
おぉコシードに挑戦! 近畿地方のスネ肉・・・美味しそう!確かにお手頃です。
私はまだ作ったことないんだけど、マドリーから1時間半位のセゴビアという街で
一度食べたことがあります。スープと中の具を別々に食べるんですよね~。
正直、見た目はあんまり美味しそうじゃないんだけど、質実剛健な感じで
なかなか美味しかったですよ。

そーいえば、monoさん、Jくん2月に来日らしいですよ。しかも武道館!
すっごく見たいのは山々だけど、諸事情で2月の東京行きは難しいかな~というところ・・・。
それにしても、新しいJくん・・・カントリーなんですが(!!!) ますます無国籍な言葉に
聞こえますね~。http://tw.music.yahoo.com/video/index.html#
Commented by mono_mono_14 at 2007-10-23 11:43
>>kchanさん
ものすごく簡単なのでぜひお試しください。調味料が入らないので、やはり素朴な味わいな気がしました。肉は焼いてから煮た方が美味いんじゃないかとか余計なことを妄想するくらいに教科書クッキンガーは育っております。育ってはいないか。でも、楽しく戯れております。なかなかkchanさんのような達人の域には届かなさそうですが。
Commented by mono_mono_14 at 2007-10-23 11:55
>>acineさん
確かに見た目は地味ですね。まあ、こんなのが食べたくなるくらいに秋がやってきたわけですね。スープでパスタを茹でろというのがレシピだったのですが、省略して、洋風おでんかポトフみたいな一皿として食べました。塩だの胡椒だのマスタードだのを引っ張り出してしまいましたが、それは邪道だったかしら。

Jくん、カントリーとは思いがけない方向へ向かってますね。というかドナドナみたいな題ですね。なぜかちょっとクイーンを感じましたよ。エレクトロ中華がいいんだけどなあ。来日公演に単身乗り込むガッツはないですぅ。。。
<< 景観を読む知の体系について。 窓の外を降る雨 >>