ヒヨッコ、ヒヨコ豆に挑む。

Ho provato la pasta con zucca e ceci. Era abbastanza buona.

 ヒヨコ豆が美味しいなあと思い、乾燥したものを1袋買ってみたのは、実はずいぶんと前のことだったのだけれど、とうとうその3分の1を使ってみた。パンツェッタ貴久子『おいしいイタリア野菜料理教室』より、「カボチャとヒヨコ豆のパスタ」。

 リチェッタには特に難しいところはないのだが、「ヒヨコ豆は重曹を加えた水にひと晩つけてふやかす」という出だしが難しい。「ひと晩」というからには前夜に水につけるのだろうが、調理に入るのが翌朝なのか翌昼なのか翌晩なのかがわからない。しかし「ひと晩」と言うからには朝が来たらもう調理に入らなければならないのではないか。ということは朝食なのか。僕は昼か夜につくるつもりなのだが、その場合、僕の「ひと晩」はいつ始まりいつ終わるのか。今回の「ひと晩」は12時間くらいとなったのだが、教科書は教科書クッキンガーのために「ひと晩(8時間)」などと記載していただけると幸甚。

b0018597_2253966.jpg 豆を小一時間ほど煮る。セロリとタマネギも一緒に煮る。カボチャを刻む。カボチャが思いのほか硬くて怖いことを知る教科書クッキンガー。オリーブオイルでベーコン(本当はパンチェッタ)を炒め、みじん切りのローズマリーを加え(本当はセージも入れる)、カボチャを炒める。トマトピューレを加え塩をする。ソースのできあがり。トマトピューレの賞味期限は5年ほど前に切れていたのだが、缶蓋の印字がよく見えないことにして使用。老眼かのう。パスタはペンネリガーテなどとあるが、無印良品のフジッリを消化することにした。パスタを茹で、ソースと和える。おしまい。自皿自賛。親が贈ってくれたフライパンのこけら落としとしてもまあまあだった。写真は相変わらずひどい。それがウリだ。売るな。すまん。
[PR]
by mono_mono_14 | 2007-09-17 22:53 | 味/buono | Comments(11)
Commented by kchan0221 at 2007-09-17 23:37
monoさん、こんにちは。
ピヨピヨ。(笑)ヒヨコマメ、うちのストック切れたので、今日また新たに買ってきました。が・・・私かぼちゃはNG食材ですので・・・これはご遠慮申し上げまする。
そうそう、一晩って大体6時間なんですって~!!<記憶が正しければ
前に某T☆Sの朝の情報番組でそういう風にいっていたような気がします。
が・・・私はあんまり厳密に考えていないので、とりあえず次の日に使う分を前の日の夜に水につけて寝ます。夜に作ろう~という場合、朝から水につけても大丈夫かと~。
ま、要するにおいしければ12時間つけても問題なし!で~す。
Commented by dicotomia at 2007-09-18 01:41
ピヨピヨピヨ。カボチャは洗った後、電子レンジへGOGOGO~♪ カボチャの種類や大きさによって様子を見つつ、数十秒~2分ほど加熱すると包丁が入りやすい柔らかさになりますよ。 炒め物にするのではなく 茹でる/煮る場合は、(適当に刻んだ後)さらに加熱でホクホクです~ (おイモを茹でるのに電子レンジを使用するのと同じ要領ですね)
Commented by tsu at 2007-09-18 17:10 x
ピヨピヨピヨピヨ。monoさんの作る料理はベージュ系が多い気がしますが気のせいですか?
私も貴重な日本食材なんかは少々の賞味期限切れは見なかったことにして食べてますが、それにしても5年とは!
Commented by kaioko at 2007-09-18 21:53
ピヨピヨピヨピヨピヨ。
教科書クッキンガー日記のウリの一つは、器用に材料を代用する臨機応変さと代用品に対するmonoさんの納得の仕方ではないでしょうか。
イタリア料理の実践ではこれこそがすべて!という感じもします。
でも「本当はパンチェッタ」とか、「本当はセージも」とかリチェッタに律儀な一面もあったりして。楽しませてもらってます。
Commented by afoto at 2007-09-19 11:47
大人のヒヨッコmonoさんのヒヨコ豆エントリ・・・大人気ですね!
ヒヨコ豆とかぼちゃって、お腹が膨らみそうというか、腹持ちよさそうな
一品ですね。”ひと晩”とはを何か?と悩むのがとってもmonoさんらしいなぁ・・・
と思いました(笑)。正直かぼちゃは苦手(いもくりなんきん全て)なんですが、
ひよこ豆は美味しいですよね~!
私はいつも缶詰(水煮)を使ってますが、そのままサラダに入れたり、
煮込んでもOK。とっても簡単です。
そーいや、喜久子さんの旦那さん、この前、こっちのローカル番組で、
美味しいもの食べ歩きやビーチサッカー(って言うのかな?)をしておいででした。
素材だけはこっち海のもの、山のものバッチリですからね~。

Commented by mono_mono_14 at 2007-09-20 06:14
な、なんだかすごいことに...。
Commented by mono_mono_14 at 2007-09-20 06:15
>>kchanさん
おお。一晩は6時間でいいんですか。うーん、もう少し寝たいですね(違)。12時間は寝すぎですが。
いつか使おうと思ってからずいぶんと経ってしまったのですが、とうとうヒヨコ豆を使ってみることができました。まだ2回分くらいあるので、またチャレンジしてみたいと思います。カボチャを使ってないリチェッタを探します(笑)。
Commented by mono_mono_14 at 2007-09-20 06:17
>>dicoさん
おお。カボチャは電子レンジで柔らかくすればいいんですか。奥深い。柔の道は1日にしてならずぢゃ。
それにしても、コメント欄で教科書が増補改訂されていくとは。何ともありがたい限りです。
Commented by mono_mono_14 at 2007-09-20 06:23
>>tsuさん
ひよこクラブへようこそ。肩は抜け落ちてませんか?
ベージュ系。確かにそうですねえ。野菜不足? 照明が電球でへたっぴ携帯写真だから、というのもちょっぴりはあるかも知れません。
缶詰に賞味期限はない。が母の持論でした。言い過ぎました。母、すまん。腹痛等に襲われなかったところを見ると、たぶんセーフだったのではないでしょうか。でも、5年前と知ってしまった時は不安でした(笑)。
Commented by mono_mono_14 at 2007-09-20 06:30
>>kaiokoさん
えっ? 教科書クッキンガーのエントリにウリがあるんですか? あ、僕が書いたのか。思わず訊き返してしまいましたよ。
本人的には、「器用」だとか「臨機応変」だとかという言葉からはずいぶんと離れたところでドタバタしている気がします。できれば教科書通りの材料が揃って、教科書通りの見栄えでできあがるのがいいのですが、そうもいかないところがウリです。あ、やっぱ、ここがウリか。
Commented by mono_mono_14 at 2007-09-20 06:50
>>afotoさん
ピヨを6セット書かないといけないかと悩んだりしませんでしたか?
ヒヨコ豆は「タパス」本か何かでも見かけたので、それにしようかな、とも思ったのですが、今回はチョイ不良オヤジ夫人(長)のレシピにしてみました。まだ2回分くらいは豆が残っているので、1回はスペイン系にも挑戦したいと思います。あ、カレーもいいかなあ。カレーの場合は「afoto風」にいたしたく、ご教授くださいまし。
afotoさんの地元は食材が豊かですもんね。と書いていて思い出しましたが、またカキの季節がやってきたりするわけですね(羨)。
<< 窓の外を降る雨 松本千城『イタリア病の教訓』 >>