黄昏のアジアカップ

 どちらもテレビで観たのだけど、もう記憶は薄れている。サウジ戦のやけに淡泊にもろい守備(失点場面など)、韓国戦の前へ行く気配の薄さ。なんともがっかりさせられる2試合だった。
 フットボールは、基本的にボールキープのゲームだ。ラグビーはボールを後方へしか投げられないなか、ラックやモールなど、ボールを奪われないように注意しながら少しずつでも前へ進んで行こうとする。アメリカンフットボールは、もっとシステマティックにできており、4回の攻撃チャンスのうちに最低でも10ヤード進みなさい、というルールになっている。得点に至るまで、10ヤードずつ、ボールを失わないようにしながらじわじわと進んで行こうとする。サッカーも同じだ。拙速にゴールを目指すよりもマイボールの状態を保つことが基本的に大事だとする見方がある。だからこそ、テレビ中継でボール保持率が頻繁に紹介されるのだ。しかし一方で、90分間ボールをキープしていても1点も奪えなければその試合に勝つことはできない。ラグビーもアメフトもフィールドの向こう端にボールを運び入れないと点にならない。サッカーは、この3競技の中では最もゴールが狭い。幅7.32メートル・高さ2.44メートルのゴールの枠の中にボールを入れ込まないといけない。従って、この3競技の中では、ボールキープと得点が最も結びつきにくいスポーツなのだ。
 日本のボールキープの技術は、アジアでは頭抜けている。豪州戦でもサウジ戦でも韓国戦でも単なるボール回しをさせれば日本が明らかにうまいと思う。「で?」という話なのだ。最後は枠にボールを入れ込まないと得点にならない、というところが、どうしても弱い。シュートが入らない、という以前の問題として、シュートに至らない。拙速なシュートはチームの士気を下げるのは事実だが、シュートを打てない状態もチームとしてはしんどい。特に最終ラインにとっては切実な問題としてしんどい。点が取れない以上、勝てないわけだから、点を取られないように頑張るのが主たる役割の選手たちにとって、点を取ろうとしている姿勢が感じられない状態は、ものすごくきついのだ。以上は、僕の草サッカー的経験論なので、日本代表に当てはまるかどうかは不明だが、日本代表の最終ラインだって、前線が軽率にボールを失ったり、シュートチャンスにトライしないという状態を後ろから眺めているのは心地よくはないだろう。
 そういうわけで、拙速と果敢の境はとても曖昧で、勝てば官軍・負ければ賊軍みたいなところはあるけれど、もう少し、果敢さのあるチームに育ってもらいたい。
[PR]
by mono_mono_14 | 2007-07-28 23:59 | 蹴/calcio | Comments(0)
<< Un addio azzurro 日本対オーストラリア >>