rodrigo y gabriela

Con solo due chitarre acustiche questa musica e' creata. Difficile crederci ma sarebbe la verita'. Rodrigo e Gabriela, ora si deve provare.

 「All the percussive sounds you hear on this album come from Rod and Gabs acoustic guitars」。うそだろ。弦楽器の音ではないよ。バスドラムやパンデイロみたいな音が頻繁に鳴り響いている。「A lot of people, when describing our sound, say we play flamenco. We don't. We blend a lot of styles into our playing, but this area of music is not one of them」。そうだろ。だから僕もフラメンコとは描写しないことにする。スパニッシュな薫りは色濃いが、フラメンコとは違うと思う。この喩えでイメージを掴める人は少ない気もするが、ヘヴィメタル/ハードロックの早弾きギタリストが、アルバムにちょこっと混ぜるアコースティック・インストゥルメンタルのようだ。マイケル・シェンカーとかが演ってたニュアンスがある(古いギタリストだったらすまん。四半世紀前の記憶だ)。実際、ツェッペリンとメタリカがカヴァーされており、そっち系(どっちだ)をたしなむアーティストでもあるのだろう。
 あ、まだアーティストを紹介していない。僕が聴いているのはロドリゴとガブリエラ(rodrigo y gabriela)。2台のアコースティックギターで奏でるぶ厚いインストゥルメンタル。アルバムのタイトルは不明。ユニット名を冠したアルバム(セルフタイトル)なのかも知れない。爬虫類っぽい目のクローズアップ写真に、彼らのライブパフォーマンスの様子がうっすらと浮かび上がるジャケット。やや気色悪い。しかしひるんではいけない。オマケのDVDもおトク感満載の素晴らしさだし、何よりも聴ける人は聴くべきパフォーマンスなのだから。
 ・・・なんだ、この最後の当たり前の一文は。いや、万人に広く勧められるわけではないと思うわけで。ギター、ロック、ワールドミュージック。こういった辺りに馴染みがある耳(と脳)でないとしんどいかも知れない。ということで、試しに彼らのウェブサイトのビデオクリップをチェックしてみてほしい。伊コヒイキ党としては、「Rodrigo y Gabriela performing 'Tamacun' on Italian National TV RAI Uno on Oct 12th 2006.」と題されたクリップをクリックしてほしいところだ。必ずしも、それが録音として最も優れているわけではないのだけれど。
[PR]
by mono_mono_14 | 2007-07-18 19:11 | 音/musica | Comments(10)
Commented by kchan0221 at 2007-07-18 20:30
こんにちは。これ、最近の私のヘビーローテのCDです~!!
日本滞在中にCDやさんで何気なく手に取り、ジャケ買い!したのですが
個人的には大当たりをひいたくらいのヒット!でした。
(この時同時に2枚買ったのですが、もう1枚はNe-yo。)
でも・・・。いまだDVD見てませんでした。(笑)
ちょっと落ち着いたら見てみます~。
この2人は次回作がリリースされたらまた必ず買いたいと思う今日この頃であります。
Commented by acine at 2007-07-18 22:11
へーぇ! 面白そうと思い、monoさんオススメのクリップ見てみました。
何を隠そう(笑)、その昔メタリカのコンサートへ行ったクチです。
あの頃、私も若かった(笑)。
確かにスパニッシュだ。でもmonoさんの書かれてる通り、フラメンコじゃ
ないですね。フラメンコはもっと情念が渦巻いてる感じがするけど、
こっちはスピーディでスマート。ちょっとクラシカルな香りもして、
北ヨーロッパの雰囲気もしますね。←訳わからん表現でスミマセン。
段々リズムが激しくなって終わりで、リラックスできるような
緊張感あるよな不思議な魅力ですね。どこの国のアーティストなのでしょう?
名前からしてラテンですよね?
Commented by mono_mono_14 at 2007-07-19 11:07
>>kchanさん
ジャケ買い・・・。し、しぶいですね。僕は何となく得意でないジャケでした。僕は店員さんの激賞手書きレコメン&試聴で買いました。
カッコいい音楽だと思います。繊細さと野太さ、熱情と哀愁、そんなのがないまぜになって。ふらっとCD屋に寄った甲斐がありました。
CDでもいいんだけど、ライブはもっとよさそうな感じがします。来日しないかなー。
Commented by mono_mono_14 at 2007-07-19 11:16
>>acineさん
実は、ちょっぴり、acineさんにお勧めしようかなというキブンで書きました。メタリカを卒業したオトナの女性にお勧めです(ほんとうか?(笑))。
北欧っぽさは、たぶんメタルっぽさとつながっている感覚ですね、きっと。クラシカルな感じもします。その辺りに、僕はほのかにジェイ成分(笑)を感じたりもしました。
どうやらメキシコの人たちみたいですけど、ちょっとあやふやな情報です。何しろ「y」ですからね。ばりばりのスペイン語圏の人たちなのはまつがいないと思います。機会があれば試聴してみてください。
Commented by kchan0221 at 2007-07-19 15:01
monoさん・・・。
あのジャケットの目ににらまれて・・・。(笑)
最近弦楽器系(バイオリンとかウクレレとかギターとか・・・)のCDを買うことが
多くて、これもWorld Musicのコーナーでたまたま目に付きまして。
そうそう、どうやらダブリン在住のメキシコ人さんらしいですよ~。
暑い夏にぴったりですよね。LIVE、ヨーロッパでやっているんですかねぇ?
そういわれてみるといってみたくなる単純な思考回路の持ち主であります。
Commented by mono_mono_14 at 2007-07-19 21:02
>>kchanさん・・・
確かに「もちろん買ってくよな?」的に睨まれますね(笑)。
弦楽器の範疇にとどまらないギター・プレイでしたね。ぜったい打楽器だって(笑)。実際、オマケのDVDを見ると、相当、打ってるみたいです。でも、メロは繊細だったりして、いや、ほんとにめっけもんでした。もっとも、去年の秋くらいから知る人は知っていたらしいですけど。微妙に遅いのが恥ずかしい(笑)。
ダブリン在住なんですね。じゃあ、ヨーロッパツアーの方が日本ツアーよりも可能性が高いかも。・・・調べてみたら(笑)、8月半ばにベルギーとオランダとUKのフェスに出るようです。が、とりあえず今年は全米ツアーっぽいです。
Commented by acine at 2007-07-20 20:52
monoさん お心遣い、muchas gracias! です。 メタリカは遥か
昔に卒業しましたね~(笑)。 HR&HM好きの一環として行きましたが
あぁいう激しいタテノリより、メロディアス系のバンドの方が本当は好みでしたね(笑)。
あの壮絶な音も、当時は楽しかったけど、今は厳しいな~(笑)。
そうそう北欧メタルはクラシカルな様式美バンド多かったですよね。
ほんとだ、ちゃーんと y が入ってました(笑)。
Kchanさんが情報下さってますが、メヒカーノ@ダブリン・・・とはまた
面白い組み合わせですね。メキシコというとどうもマリアッチ系とか
歌い上げ系ルイス・ミゲルを思い出すんだけど、こういう音楽をやってる
人たちもいるんですねぇ。
私は今、フラメンコの女性アーティストと台湾の男性アーティストのCDを
取り寄せ中なんですよ。 
明日、あさっては大阪で営業なんですが、暑そうだなぁ・・・。
急に蒸してきたので、monoさんも体調に気をつけてくださいませ。

Commented by mono_mono_14 at 2007-07-21 01:12
>>acineさん
大阪! 美味しいもの食べられそうですか? 食べない手はないと思いますが(笑)、シゴトだと必ずしも思うとおりにはコトが運ばないですからねえ。幸運を祈る!(笑) あ、携帯でacineさんらしい素敵な写真が撮られてくることも祈っております(笑)。
ロドとガブですが、ネットをうろうろしていたら、どうやらメタル系のバンドをやっていた若い頃があるみたいです。そういう意味では、土着的なメキシコとは違うんだろうけど、でも、手にした楽器がスパニッシュギターな辺りにはメキシコが香っている、ということなのかも知れませんね。世界のどこからも世界に通用する音楽が生まれますね。でも、どこかしら各地のニュアンスが残っている感じが好きだな。ロドとガブのギターにも、きっとメキシコが残っているんじゃないかなと思います。そう言えば、たぶん、メキシコのアーティストを初めて聴いたのかも。キューバやブラジルは聴くんですけどね。
Commented by kchan0221 at 2007-07-22 04:46
monoさん、再びの再びこんにちは。
あ~今日、とうとうDVDみました~~~!!なんでかって来てすぐに見なかったのか・・・。
そしたらチケット間に合ったかもしれないのに~!と・・・。
ということで、エントリしまして文中リンクさせていただきました。
不都合があればまたお知らせくださいませ~。
そうそう、ガブちゃん、ガールズバンド3つはしごして、ロドちゃんと一緒に
メタルバンドで頭ふりふりしながらギター弾いて、そこで息投合。
メキシコから新たな活動の場を求めヨーロッパに渡り・・・などなどらしいです。
付属のDVDをみていなかっただけでなく、CDに付属のりーふれっとすら
見ていなくて・・・。ここでmonoさんが紹介されなければず~っと見てませんでした!
フアネスさま以上の大ヒット~です。厚く御礼申し上げまする。^^
これからもよろしくお願いいたしま~す。
あ、教科書クッキンガーの続きもお待ちしております。↓^^↓
Commented by mono_mono_14 at 2007-07-22 23:21
>>kchanさん
入魂の1編、拝見しました。リンクいただくことに不都合などあろうはずもなく、むしろ厚く御礼申し上げまする(笑)。kchanさんにDVDのことを思い出させたのだとしたら、このエントリもなかなかにグッジョブでした(笑)。確かに、ガブちゃんのバッキングと言うか、パフォーマンスがすごいですよね。DVD、チュートリアルも観ましたか? けっこうマジメに自分たちの弾き方を披露していて、なんだか微笑ましかったです。
・・・あ、続き。。。はい、そうですね。。。えへへ。pesto kchaneseのお話などまじまじと拝見するに、どう考えても僕の教科書クッキングのエントリはいんちき度と言うかへたっぴ度が満載で気後れしますが、忘れないうちに(笑)、こそこそっと書き足そうと思います。いつも読んでくれてどうもありがとう。
<< 日本対オーストラリア 10年ぶりのジェノヴェーゼ >>