川本三郎『言葉のなかに風景が立ち上がる』

 川本三郎『言葉のなかに風景が立ち上がる』を読み終える。日本現代文学における風景に思いを馳せる本。こういう本が出しやすくなってるんだろうなあと思う。以前に読んだ『壊れゆく景観』は、和歌などに詠まれた由緒ある景勝地の悲惨な現状を題材にしたものだったが、その本を読んだ時も、よく、こういう本が出版にまでこぎ着けられるなあ、と思ったものだった。それだけ、いま、「景観」だの「風景」だのという言葉が社会的な訴求力があるものになっているんだろうと思う。僕の職域だの関心領域だのからすれば、それは決して悪いことではない。もっとも、それは、状況が悪化していることの現れでしかないかも知れないのだけれど。

 『言葉のなかに風景が立ち上がる』は、「芸術新潮」への連載をまとめたもので、簡単な前置きに引き続いて22本の文学作品を通じた風景論が並んでいる。以下、列記してみよう。
野呂邦暢『鳥たちの河口』(1973)[×]
角田光代『空中庭園』(2002)[△]
井川博年『そして、船は行く』(2001)[×]
重松清『定年ゴジラ』(1998)[△]
堀江敏幸『雪沼とその周辺』(2003)[○]
佐藤泰志『海炭市叙景』(1991)[×]
水村美苗『本格小説』(2002)[○]
後藤明生『四十歳のオブローモフ』『挟み撃ち』(1973)[×]
長嶋有『猛スピードで母は』(2002)[△]
江國香織『神様のボート』(1999)[△]
吉田修一『ランドマーク』(2004)[△]
古山高麗雄『湯タンポにビールを入れて』(1971)[×]
佐伯一麦『鉄塔家族』(2004)[×]
宮沢章夫『不在』(2005)[×]
松本健一『エンジェル・ヘアー』(1989)[×]
車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』(1998)[×]
いしいしんじ『麦ふみクーツェ』(2002)[×]
柳美里『ゴールドラッシュ』(1998)[△]
丸山健二『いつか海の底に』(1998)[×]
多和田葉子『容疑者の夜行列車』(2002)[○]
日野啓三『ユーラシアの風景 世界の記憶を辿る』(2002)[△]
清岡卓行『太陽に酔う』(2002)[×]
 上記リストは、著者『作品名』(発行年)[僕の場合]となっている。僕の場合というのは、4種類の記号(×:名前も知らない、△:名前くらいは知ってるけど読んだことはない、○:別の作品を読んだことがある、◎:この本を読んだ)で、その本についての僕の場合を示している。◎が多いほど偉いというわけでもなんでもないのだが、とは言え、◎どころか○すら少ないことはどうにも恥ずかしい。最近の人気作家がこれだけ並んでいるのだから、3人というのはあまりに低くないか。なお、弁解がましく書き添えれば、『定年ゴジラ』を読み終えたので、今は[◎]だ。
 それぞれが手頃な長さなので読みやすい。作品に対する川本の思い入れには、どうもブレがあるようで、入魂の1編もあれば、あとがきで書いた読書感想文を思い出させるようなものもある。
 ときおり版画が添えられているのだが、この版画がほんわかと素朴で素晴らしい。本ではモノクロ印刷だけれど、オリジナルはカラーだ(と思う)。ポストカードにしてくれたらいいのに。

 僕は、こういうふうに風景に着目しながら文学作品を読み進めた経験はあまりないけれど、なんとなく風景が押し迫ってくるなあということを感じながら読んでいることはある。ここで紹介したものでは、例えば、ヴァージニア・ウルフの『灯台へ』とか。あるいは、少し記憶が薄れかけているけれど、エミール・ゾラの『居酒屋』とか。風景というよりも都市生活とか都市文化を感じたのはアーネスト・ヘミングウェイの『日はまた昇る』とか。なぜ、外国文学ばかりなのか。それは、音楽同様、日本のものにほとんど手を出さずに馬齢を重ねてしまったからなのであって、これって、けっこう恥ずかしい。
[PR]
by mono_mono_14 | 2007-03-22 20:33 | 本/libro | Comments(2)
Commented at 2007-04-14 15:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mono_mono_14 at 2007-04-15 01:36
鍵コメさま
こんにちは。コメントをありがとうございます。
す、すみません、検索のご期待にはまったく添えないブログがヒットしてしまいましたよね^^;。でも、楽しく読んでいただけたのならよかったです。また遊びに来てもらえたら嬉しいです(最近、あまり書けていないので、そういうふうに言うのは気が引けたりもするのですが^^;)。どうぞよろしくお願いいたします。
<< 桜 純粋なクラシック >>