人気ブログランキング |

岡本太郎記念館にて

b0018597_2135548.jpg 芸術が爆発かどうかはさておくとしても、岡本太郎が遺した作品は、やっぱり何かが奔放に迸っていて、そのことを「爆発」と呼ぶのなら、確かに芸術は爆発だ、少なくとも岡本太郎の芸術は爆発だと言えそうだ。もっとも、爆発という語から思い起こされる「荒さ」とか「破壊」とか「恐ろしさ」なんかとは、ずいぶん違う趣だとも思う。もっと暖かく微笑ましい、何て言うか、「抑えきれないやんちゃな気持ち」だとか、「慈しみ尽くせない優しい思い」とか、そういう類のエモーションが溢れ出てくる感じだ。
 青山の岡本太郎記念館で、蚊に刺されたりしながらも、岡本太郎の作品を観てきた。あの作品たちは、もう半ば地霊になりかかってるんじゃないか。おもしろかった。それ以上のコトバはなくてもいいんだと思う。館内も庭も写真を撮り放題なので、足を運ぶ際はぜひカメラの用意を。
 ・・・というわけで、あとは野暮ったいコトバに代えて拙い写真を(ってどっちもどっちだな)。無意味にいつもより写真を大きくしてみた。

b0018597_21263131.jpg
アタマデッカチに理解しようという姿勢が間違い。そういう気になる。

b0018597_21265835.jpg
アトリエ。シゴトが放つピリピリした空気が感じられる。

b0018597_21272591.jpg
リビング。を使った展示スペース。だと思いたい。それともこんな感じで生活してたのか?

さ、もう何も言うまい。つか言えない。めくるめく太郎ワールド。蚊や蜂に注意して満喫すべし。
b0018597_21281726.jpg

by mono_mono_14 | 2006-08-18 23:59 | 文/cultura | Comments(2)
Commented by afotofoto at 2006-08-21 22:31
monoさん おぉ!憧れの場所です。 というか憧れの庭!
東京に行った2月も4月も、行けそうな日は定休日で涙を呑みました。
しかも、写真取り放題?! いやー、今度行ったら絶対行きたいです。
私は中段右の、蚊取り線香入れのような物体に惚れました!
庭に一匹欲しいです。レプリカ作ろうかしらん?!(笑)。
そして、リビングも凄いことになってるのに、ビックリ。これはエネルギー
湧きそうだし、芸術もいくらでも爆発しそうです。
しかも先生も立っておられますよね?!
いいものを見せて頂きました。それにしても、撮り放題だなんて、
日本にしては、大盤振る舞いですね。さすが!

Commented by mono_mono_14 at 2006-08-21 23:23
>>afotoさん
上京のたびに訪問を狙ってらしたんですね。うっかり先行してしまいました(スミマセン^^;)。次の上京でうまくタイミングが合うといいですね。
堂々と写真が撮れるのは嬉しかったです。afotoさんが撮れば、僕のへなちょこ写真の何倍もこの庭の魅力が伝わると思います。今から楽しみです(笑)。
中段右は、たぶんプランタかなと思うのですが、蚊取り線香も似合いそうですね。コイツはめちゃくちゃ味わい深いなりをしてますよね。一目惚れも頷けます(笑)。現地に行けば、きっと他にも惚れるの、あると思います(笑)。
リビングも味わい深いです。近くまで入れないのが残念なんですが。岡本太郎像は、気を抜いている時に目が合うとびっくりします(笑)。
<< 七福神めぐり 『さよならナム・ジュン・パイク展』 >>