人気ブログランキング |

築地市場でお寿司な昼

Fa sempre piacere mangiare i sushi al Tsukiji mercato, e se non devo pagarne sarei felice in piu'.

 行きがかり上、今日のお昼は築地市場でお寿司を食べた。午前中の打合せが近くであったのだ。僕を最年少とするヲジサン4人連れといういただけない風情で「龍寿司」というのれんをくぐる。1人前が7貫と知るや否や迷わず1.5人前を注文する、ほんとは少し食事の量を減らした方がいいに決まっているヲジサン4人連れであった。
 ネタを覚えているかな。思い出してみる。イカ・トロ・メジマグロ・カンパチ・イワシ・ホタテ・サヨリ・サバ・シャコ・アナゴ。お、覚えてたっぽい。あとはカッパ巻・鉄火巻・オシンコ巻を各1/2本。3,150円ナリ。ネタの切りつけが大きくシャリも大きめ。田舎のお寿司のようだった。こってりと中性脂肪やプリン体や悪玉コレステロールを充填したに違いないヲジサン4人連れである。僕的には、素晴らしかったのはイワシとサバで、イカとトロとメジマグロもまあまあ、カンパチ、ホタテはフツー、サヨリは勝手に期待しすぎた。シャコとアナゴはツメが水飴のようなとろみと甘みで、僕としてはかなり減点したいキブンだった。トータルで言えばまあ美味しかった。74点。ご参考まで。どなたのどのような場面で参考になるのかは不明ですが。
 何となく領収証を切ってもらっていた。おぉ経費ご飯だ。自腹でないご飯は美味しいなー。昨夜もまた会社のイスを並べて仮眠しただけだった、僕を最年少とするヲジサン4人連れなのだから、たまーにはこれくらいの報償はあってもいいでしょう(大甘)。

 さて、さっそく店名をググったところ微妙に評判がよくなかった。接客態度に難ありとする評価が多いのだ。まぁ頷けないこともない部分がないこともない(ええい、まだるっこしい)。でも、市場の中だから、心持ち柄が悪いというか、気っ風がいいというか、べらんめえなのはやむを得ない。例えばデパートのレストランフロアのお寿司屋さんと較べたりしてはいけない。門前仲町の有名な居酒屋「魚三」のおばちゃんの客あしらいなんかに近いものを感じた。以前、「魚三」で僕の隣の隣に座っていた女性がお店のおばちゃんのべらんめえ加減にすっかりキブンを害してしまったのを横目で見ていた感じを少し思い出した。って僕にしかわからないエンディングだな。つか僕にしかわからないのはエンディングだけじゃなかった(愚)。
by mono_mono_14 | 2006-03-07 15:13 | 味/buono | Comments(0)
<< 世界のすんごいストリートから Edgar 'Jone... >>