僕的伊語の行方

 とうとう日本にワールドカップがやってくる2002年の春、勢い余ってイタリア語の入門講座に通い始めた。春夏秋冬、年間4期、曲がりなりにも何とか通った。進歩はともかく。2年目以降はペース半減、春秋だけの年間2期、しかも出席率も年々下降。またワールドカップが巡り来た今年、さてどうしよう・・・なんてことをふと思ったのは、久しぶりにかつてのイタリア語講座のクラスメートから近況報告メールが届いたりして、そこに「勉強してますか?」などと書いてあったからだ。
 もう、と言うかずいぶん前から、レッスンに出てるだけで伸びる状態ではなく、地道に単語を増やしたり、CD聞きまくったり、活用だの慣用表現だのをたたき込んだり、いわゆる陰の努力ってヤツが不可欠なことは明白だ。ここでふと思い出す。僕の父はこれが得意だった。いや、得意ではなかったかも知れないが、FENのニュースをテープに録音して、片道1時間半はかかる通勤の行き帰りにウォークマンで聞き、家ではそのディクテーションにいそしんでいたりした。必要に迫られていたのかも知れないけれど、そういうガッツで、流暢ではないにしてもどうにかこうにか英語を身につけていったのだ。あぁ、父のそのガッツ遺伝子は僕のどこへ? よりによってそういう大事な遺伝子パケットが届こうとした時にサーバがダウンしてしまったのか。それとも体脂肪に文字化けしてしまったのか。学習参考書をほいほい買ったところで悦に入ってオシマイ、という体たらくな遺伝子はどこから供給されたのだろう。さては母だな。母は、やるからには完璧にやりたいから完璧にやれないうちはやらないのだ、という高邁な思想のもとで掃除がどれだけでも滞ったりするタイプのあっけらかんとしたポジティブ・シンキンガーだ。残念ながら、あっけらかんとしてポジティブなところはさほど受け継がず、掃除が滞りがちなところはきちんと受け継いだ僕である。摩訶不思議なり二重螺旋。
 ・・・というわけで、再び巡り来たワールドカップ・イヤーの僕的イタリア語の行方に思いを馳せるはずだったのだけれど、両親に感謝を捧げるというハートウォーミングで感動的なエントリになってしまった。どこがだ。

 どうでもいいことながら今年の僕的イタリア語の行方だけれど、まだわからないながらも、たぶん、完璧を期すあまりにキレイに保存したまま放置プレイの憂き目に遭わせている数多の教科書で自習する方向が濃厚かなーという気がする今日この頃。なんだこの付け足し。
[PR]
by mono_mono_14 | 2006-02-17 04:20 | 雑/quotidiana | Comments(10)
Commented by bijou at 2006-02-17 15:01 x
monoさんが素敵なご両親様のもとでお育ちになったことがわかりました♪
Commented by mono_mono_14 at 2006-02-17 22:40
bijouさん、それ、思いっきりまつがってますから♪
いえ、ほんとに(汗)。お褒め(?)いただいたのは嬉しいんですけど(汗)。
Commented by bijou at 2006-02-17 23:17 x
↑「まつがってますから」にウケにウケてしまいました。ウフフ(笑)
いえいえ、本当にそのような雰囲気が伝わって参りましたよ。
イタリア、行きたいな~。ミラノがいいです♪セールの時期に・・・
Commented by ciachi at 2006-02-17 23:35 x
どこに行くにも、行き先&“道程も楽しみながら”で!(と、いつも自分に....)
「自分に嘘をつかずに、本当に心から面白いと思っている内容の英語に没頭すれば、その英語は必ず自分の体の一部となるのである」、という日本語の達人マーク・ピーターセン氏の言葉には、目からウロコがボロボロでした。
Commented by mono_mono_14 at 2006-02-18 02:00
>>bijouさん
『言いまつがい』は読んでないんですけど、「まつがい」という表現はとても気に入ったんです。ウケてもらえたなんて望外の喜びです。
セール時期のミラノがいいってことは、bijouさん、さてはオシャレさんですね♪
Commented by mono_mono_14 at 2006-02-18 02:32
>>ciachiさん
僕のイタリア語は特に行き先がない道楽なので、文字通り道のりを楽しまないといけませんよね。
もう少し自習も頑張ろうと思ったのは、実は、ciachiさんの“sottolineature”のインパクトもあったんです。あ、僕もこういうふうに頑張れたらいいなって。そう思ったんです。こっそり(笑)習いに伺ってます。
Commented by bijou at 2006-02-19 22:59 x
私の場合、理想と現実はなんてかけ離れていることでしょう(涙)
ミラノのセールなんて何年も参戦できていなくて、
最近はもっぱら伊○丹のセールONLYございます。かなしぃ。

イタリア語を習い始めた大学時代の友人が楽しい、楽しいと
いうので、次回のミラノ行きに備えて私もかじってみようかしら。
Commented by mono_mono_14 at 2006-02-20 11:44
僕は伊○丹すら出向けていません。ミラノのセールなんて言わずもがな。僕の場合、セールを待ってると合うサイズが売り切れるという現実的な問題もありますが。
もしイタリア語をかじり出したら、夏のセール頃にイタリア行きのキップを手にしているのではないでしょうか(笑)。習ってると行きたくなりますから。僕は行けてないんですけど(哀)。
Commented by ciachi at 2006-02-21 04:54 x
私こそ、monoさんのブログを読んで、日本語ってこんなに素敵な言葉や言い回しがたくさんあるんだなぁと。感動でした。毎日、読むのを楽しみにしています。時々知らない熟語があって、日本語辞書を引いてますが.....(汗&焦)

Commented by mono_mono_14 at 2006-02-21 14:09
えっと、そんな気の利いた日本語は載ってないと思うんですが...(笑)。でも、楽しんでもらえてるなら、とても嬉しいです。
イタリア語だけでなく熟語もいんちきかも知れませんので、どうぞご注意ください(笑)。と言うか、不安になってきましたよ...。
<< フィンランド戦 間に合うか?メモ >>