ベガーズ・オペラ@日生劇場

 日生劇場にて『ベガーズ・オペラ』を観る。主演は、宗方コーチだったり南原教授だったりトート閣下だったりしている内野“人並みの女好き”聖陽。以下、ゆるーくネタバレかも。

 なお、「内野“人並みの女好き”聖陽」というのは、カーテンコールの挨拶で、内野本人が、役柄が無類の女好きという設定だったことを受けて、「えー、女好きということに関しましては、俳優の内野某という男は、人並みでございます」という、ワケのわからないひとことを残したことにちなむ。

 ステージの真横にも客席が設けられている。あの席で観るのは緊張しそうだ。舞台上にいると言っても過言でないくらいの臨場感は味わえるだろうけど(その証拠にときおりイジられたりしていた)。舞台は、あれやこれやが詰め込まれた濃厚なセット。ちょっと『キャッツ』のセットを思い出したりした。誇り高きアウトローの猫たちと、一匹狼ふうに何でもアリでその日を生き抜く乞食たち(ベガーズ)というのも、どことなく似ているかもと思ったり。

 しかし、率直に言って、うまく乗れなかった。主題のよくわからない作品だったのだ。役者は揃っているから、そこそこ期待していたんだけど。もしかすると、楽曲が気に入らなかったのかも知れない。心に残るメロディがほぼゼロというのは、ミュージカルとしては少し難ありじゃないかと思う。かと言って、どたばた劇を愛でるという感じでもなかったし(もちろん随所でおかしい場面はあり、けっこう噴き出したりはしていたのだけれど、それはそれってことで)。
 島田歌穂、笹本玲奈、森公美子といった女性陣は、さすがにいい声が出ていた。森の白塗りオバケ(たぶんオバケではない)のメイクはすごかった。橋本さとしが『20世紀少年』に出てくる万丈目というオッサンにそっくりな仕上がりだったのが妙にウケた。

 正義やモラルのモノサシって何ですか? という問いかけが主題だったのかな。僕にはそのような視点が最も強く感じられたのだけれど、9・11以降、あるいはつい最近のマンション構造計算書偽造とか某社粉飾決算みたいな「金儲け」というモノサシの歪みを目の当たりにするだけでも、価値観のモノサシの持ち方は、今、悶々と考えるべき事柄のひとつではあるように思える(このことについて、今、読み進めている中沢新一のカイエ・ソバージュ・シリーズはとても示唆的だ。また後日、改めて書きたいと思う)。でも、それがメイン・テーマってこともなさそうなつくりだったように思う。んー。WOWOWで放送があるようなので観てみよう。再発見があるかも知れない。

 日生劇場に行ったのは初めてだったのだけれど、タイル貼りの有機的な曲線(曲面)に包まれた不思議な雰囲気の劇場だった。ちょっぴりガウディっぽいと言うか。天井を見上げていて見飽きないしつらえで、何だか気に入った。壁も何度もすりすりしてみたりして。巨匠・村野藤吾の手になるということは、これを書くためにググッて初めて知った次第(恥)。
[PR]
by mono_mono_14 | 2006-01-28 23:59 | 芸/arte | Comments(0)
<< 『杉本博司 時間の終わり』展の話 僕的初蹴りの夕べ >>