仕事納め

 仕事納め。大掃除。例年、この日に忘年会をやっていたが、今年は1週間前倒しにしたため、今日はひたすら大掃除の日。まだ終わらず、ひとりオフィスでカヴァレリア・ルスティカーナを流しつつ、カベルネ・ソーヴィニヨンの小瓶も開けたりしつつ、捨てても困らなさそうな書類だの雑誌だのをマニアックに仕分けて棚に押し込んだり、している。去年も忘年会からオフィスに戻りカタヅケをしていた僕なのであった。
 わかる人にはわかるだろうけど(わかる人は少ないと思われるし、わからない方がシアワセな気はするんだけどね)、深夜のオフィスにひとりでいるのは、妙な昂揚感があったりして、案外、悪くないキブンだ(ただし、追い込まれていない場合に限る。追い込まれている場合は、過換気症候群のようなキブンでメゲる)。
 仕事納めだからシゴトのことなど振り返ってみるのだけれど、時間が経つのばかりがやけに早く、自分の育ちっぷりのほとんど見られないことには、寂しい思いを禁じ得ない。心中秘かに期していたシゴトは、公平に見て及第点はあげられないだろうという出来に終わってしまった。そのことを悔いてばかりはいられないのだけれど、そのことは悲しかったし悔しかったな。リベンジを期して新年を迎えるためにも、早いところカタヅケを終えよう。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-12-28 23:59 | 雑/quotidiana | Comments(2)
Commented by mariko at 2005-12-29 01:40 x
おつかれさまですー。
確かにほどほどに余裕があるときの夜更かし作業はちょっとテンションがあがるかも。(私はまだ学生だけど…)
でもほんとに追い込まれてるときは…。。そんな時にうっかり睡魔にまけてしまって、目が覚めた時ほどおそろしい時はない(笑)開き直るしかありませんでした(笑)
Commented by mono_mono_14 at 2005-12-29 03:01
ありがとー。
追い込まれてるからと言って眠くならないわけじゃないというのがとてもツラいよね(笑)。今日は暢気なカタヅケだからお気楽極楽(@ウゴウゴルーガ)、イイカンジでハイです。
marikoさんもずいぶん頑張って集合住宅を設計してたみたいでしたね。おつかれさまー。
<< エル・カミーノに足を踏み入れた マンマ・ジュリエッタの物語 >>