アースダイブに向けて

 中沢新一の『アースダイバー』がすごくイイなあと思っていたところ、そう思った人は少なくなかったようで、それを題材にしたパネルセッションみたいなイベントが催されることになった。題して「はじめての中沢新一。」。仕掛け人は「ほぼ日」。波長が合っているのか、術中にハマッているのか、微妙なところだけど、最近、「ほぼ日」の目のつけどころは、なかなかの頻度で僕に訴えかけるものがある。このイベントも、平日の夜の開催で、体を空けられる保証はないのだけれど、1週間ほど前にチケットを買ってしまった。先ほど「電子チケットぴあ」を覗いたら「お早めに」のサインが出ていた。そこそこ売れてるんだなあ。
 このイベントを楽しむための予習本(?)として「ほぼ日」上でオススメされていた4冊のうち手元にない1冊『タモリのTOKYO坂道美学入門』を買って帰ろう。同じく、このイベントを味わうための復習本(?)としてオススメされていたカイエ・ソバージュ・シリーズも買おうと思うが、これ、かつて見かけた時に文鳥堂で買っておけばよかったよ
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-09-30 16:43 | 文/cultura | Comments(10)
Commented by kaioko at 2005-09-30 23:28
「タモリのTOKYO坂道美学入門」、私のブログでもおすすめしています(笑)。坂道にはなぜか惹かれます。(というか坂道について語るタモリが好き?「日本坂道学会」、どうやったらはいれるんだろう・・・。)
ウォーキングマップもついていて、実際に歩いたらさぞかし楽しいだろうと思います。
Commented by mono_mono_14 at 2005-09-30 23:49
kaiokoさんオススメの1冊なら、なおのこと安心して手に入れられます。実は、帰りに寄った本屋にはなかったので週末に必ずやゲットしたいです。タモリはいいですよね。そんな学会があるんですね。何とかして一緒に(笑)入会しましょう!!
Commented by mariko at 2005-10-01 23:43 x
私も坂道入門今読んでますよ。友達のお父さん(笑)に借りて…。(気が合いそうなお父さん。)
坂道はいいですよね、路地の次にわくわくします。
でもやっぱり写真だと良さがイマイチわからないので、秋の気候がいいうちに坂道めぐり、したいなぁ。
Commented by mono_mono_14 at 2005-10-02 01:31
そんなに方々で読まれている名著だったとは...。甘く見てました、反省。
なんてことない街なかの坂道や路地を歩くのは楽しいと僕も思います。案外、発見もあるし。marikoさんが言うように、こういういい季節に満喫したい。やっぱりアースダイビングの季節なんだなー(笑)。
Commented by mariko at 2005-10-02 01:47 x
坂道本は、結構マニアックな部類だとは思いますけど…(笑)
中沢新一さんっていう人を、monoさんのブログでしりました★今度読んでみよう。
Commented by mono_mono_14 at 2005-10-02 02:15
実は僕も中沢新一はたくさんは読んでいないので、これから頑張らなきゃ(なぜ???)という状況です。だからオススメ本とか上げられないんですけど、アースダイバーはおもしろいと思いました(坂道本の類書に当たるのかも知れませんし)。
僕がこれからトライしようと思ってるのはカイエ・ソバージュのシリーズですが、これは大学の講義録を本にしたものらしいので、現役バリバリのmarikoさんもいかがでしょう(笑)?
Commented by kaioko at 2005-10-03 21:25
このイベント、すごく面白そうですね。先ほどみたら完売でしたよ。中沢新一さんて、網野善彦氏の甥にあたるんですね。網野さんの本も面白かった気がします。中沢新一は「モカシン靴のシンデレラ」だけ読んだことがあります。北米インディアンに伝わるシンデレラ。巻末に中沢さんの解説がついています。大人も楽しめる絵本です。marikoさんもどうぞ。
Commented by mono_mono_14 at 2005-10-03 22:17
か、完売!? まだ3週間もあるのに。追加公演決定! というわけには行きませんね、Queen+Paul Rodgersじゃないですもんね。イベント、行けるように頑張ります!
「モカシン靴〜」は例の本屋(笑)で何度も手にしながら結局買ってないのですが、せっかくだから読んでみようかな。marikoさんもどうぞ。ん?
Commented by mariko at 2005-10-03 22:26 x
あ、私にきましたか!?(笑)
現役ばりばりのワタクシ、ぜひ読ませていただきます、はい。
kaiokoさん、monoさん、ありがとうございます★☆
Commented by mono_mono_14 at 2005-10-03 23:25
何となく流れ重視で(笑)。コンテクスチュアリズムです(違)。
中沢新一は設計の役には立たなさそうですが、設計趣旨の作文には役立つかも知れません(笑)。
<< ゆく年くる年 昔の話? >>