パブリック・アートを考えてみた


b0018597_20224267.jpg パブリック・アートというのは、厳密な定義は難しそうだけど、簡単に言えば街なか(公共の場、屋内外をたぶん問わない)に設置されたアート作品。メインストリートの歩道に置かれていることなんかもあれば、ビルのエントランス辺りの広場に置かれていることもあれば、公園なんかにもある。わかりやすい彫刻だったり、ワケわからない物体だったりする。
 こういうのの意義って、実はあんまりよくわかってなかった。今もわかっているとは、あんまり言えない。でも、なんとなく気持ちのいいものだな、と思うようになった。少なくとも、今日、またもや訪れた朱鷺メッセで見た3つのアートは、お天気の良さも手伝って、とても気持ちのいい場を醸し出していたのだ。朱鷺メッセのパブリック・アートの概要はこちら(リンク先ページのA・B・Eが先に書いた「3つのアート」)。以下、がらにもなくパブリック・アートを考えてみた雑感。




b0018597_20204850.jpg■「道に沿ってどこかに、幾つかの色」ダニエル・ビュレン(Daniel Buren)[フランス]
 アクア・フレッシュを彷彿とさせる四角柱が規則正しくきれいに並んでいる。それだけ。規則正しさが醸し出すパースペクティブ感と、ヴィヴィッドな、というかアクア・フレッシュを彷彿とさせる色合いがシークェンシャルに変化するのが、けっこう魅力的だった。これが設置されている場所は、駐車場と道路と土手に囲まれたところで、いまひとつ、その場にたゆたうキブンになれないのが惜しい。ほんとの中庭とか、大通りの歩道とか、もう少しアクティビティに満ちた場所に置かれているといいのに、と思う。


b0018597_20264481.jpg■「天秘」安田侃[日本、イタリア在住]
 白い大きな石のカタマリ。滑らかに磨き上げられた抽象的な形態。新潟が誇る魚沼産コシヒカリのメタファーだ。うそです。気負いがなく柔らかで穏やかな造形。転がり落ちそうなのに、力みもなくふわっと立っている。芝生の斜面や背後の木立ともいい感じでマッチしている。シンプルに過ぎるほどシンプルで、だからこそ長く一緒に居られる存在かも知れない。でも、設置場所はここみたいな緑を必要とする気はするな。


b0018597_20221442.jpg■「灯台」ツァイ・グオチャン(蔡國強)[中国、アメリカ在住]
 逆光を受けながらこの岩に向かって歩いていたら、突如として霧を噴き出してびっくり。急いで近寄りシャッターを切った。大きな岩を砕いてつなぎ合わせてある。一歩間違えればビッグサンダー・マウンテンな風情だ。「天秘」よりも凝っている分、飽きが来そうな感じもする。作品名その他を彫り込んだ凝った石板が添えられているのだけれど、僕にはこれは余計に見えた。霧を吹いても問題がなければ、この作品は街なかにあってもよさそうな佇まいだと思う。オフィス街の石張りのコートヤードなんかにあってもいいんじゃないか。

 緑に輝く芝生に置かれた抽象的な形をした大きな石のカタマリが、やけに好ましく見えた。きっと超々遅まきながらイサム・ノグチなんかに目を向けだしたからなのかなと思う。モエレ沼公園は、パブリック・アートという概念にはとても収まらない、日本が世界に誇れる名所のひとつだけど(って、行ってもいないうちから言い切ってみた)、きっと、アートの精霊が大空や大地と交歓するサマが感じ取れるはずだと思う。うー、行きたいー。とりあえず、今月中旬から東京都現代美術館で始まるイサム・ノグチ展でガマンしよう。これは、できるだけ会期の初めの方で行きたいと思っている。


 業務連絡。親知らず抜歯で左の頬は見事に変形。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-09-08 20:27 | 文/cultura | Comments(2)
Commented by kaioko at 2005-09-08 22:25
きれいなストライプのために後ろから絞らなきゃ!!
日本人だったら100%、アクアフレッシュに見えてしまうことをフランス人のダニエル氏は知らないでしょうね。
「灯台」のように動きがあるモニュメントもありだと思います。実際に手で触れられて、そのことによって何か変化する作品とか。ただ、街中でいきなり霧が噴出したら、トム・クルーズに怒られそうな気も。
Commented by mono_mono_14 at 2005-09-08 22:53
こういうストライプの作品ばかりつくっている人みたいなのですが、色はどうやって決めるんでしょうね。ほんとにアクア・フレッシュでしたよ。kaiokoさんの賛同を得て心強いです!

霧が噴き出した時は、正直、心躍りました、子どもかオマエは、と言うくらい(笑)。触れる作品もいいですよね。札幌の大通公園にイサム・ノグチのつくった滑り台があるらしいんです。滑ってみたいなあって子どもかオマエは(笑)。
<< 「僕は走り続ける」 最後の親知らず >>