人気ブログランキング |

最後の親知らず

 とうとう律儀に顔を覗かせていた4本目の親知らずも抜いた。いやはや難事業であった。。。記念にもらった親知らずは、縦真半分に割られている。歯の断面模型。いや、模型じゃない、実物だ。まあ、なかなか得難い記念の品ではある。
 歯を支える骨が親知らずの上側に少しかぶっていたそうで、その骨を少し削り、引っ張っても抜けないので半分に割って、半身ずつ引っ張り出したよう。僕の口の中でどんな工事が行われているのかは全然わからないまま、ただゴンゴン、ゴリゴリ、ミシミシやられていて、麻酔が効いているから痛むわけではないのだけれど、どうしても気は張ってしまう。口を大きく開けたまま歯を食いしばるという状態、物理的には矛盾があるけど心理的にはどんぴしゃり。疲れた。。。
 この2〜3日、こぶのように頬が腫れる見込みだそうである。少し前に、糸井重里さんが入院までして親知らずを抜いたそうだが、その術後のほっぺたの天晴れな腫れっぷりを「ほぼ日」で公開していたのを見た。あんな感じに腫れるんだろうか。見物ではある。でも、外出と来客のある2日間なんだけどな。
by mono_mono_14 | 2005-09-07 14:00 | 雑/quotidiana | Comments(0)
<< パブリック・アートを考えてみた 朝に食べるご飯 >>