人気ブログランキング |

居酒屋の四季、愛でたい

Tutti piatti mi sembrano buonissimi. Ci sono mostrati tanti piatti delle taverne tokionesi nell'ultimo libro del maestro Kazuhiko Ota da cui imparo dei garbi tavernesi.

 美味そうすぎ。どのページを見ても表記不能なため息とヨダレが出てしまう。僕の居酒屋道のお師匠さんである太田和彦さんの『東京・居酒屋の四季』。師匠と言っても、もちろん面識はなく、著書をひたすら読み倒しているだけなんだけど。最新作(たぶん)のこの本は、東京の居酒屋さん36店の自慢の肴を9つずつ四季に割り振って紹介している本で、『東京人』という雑誌連載の増補編集版だそう。居酒屋ガイドであり、旬の味覚のガイドであり、誇るべき平凡なお総菜のガイドであり、ゆるゆるとしたオトナの時間の費やし方のガイドである。今は夏だから夏のページを開く。うぉー、こはだ酢(神田「みますや」)、まぶしい! しゃこわさ(自由が丘「金田」)、美しい! マジ美味そう。飯田安国さんという写真家による店内のモノクロ写真は、ほとんど路地の味わいだ。地味ながらも丁寧な仕事を積み重ねてきた居酒屋の使い込まれたカウンターは路地なのだった。太田さんが紹介する店を制覇するのが生涯の目標だ、ってずいぶんと大げさ。
by mono_mono_14 | 2005-07-22 12:50 | 雑/quotidiana | Comments(0)
<< 街と緑 ディエゴ! ロビー! アレ! >>