人気ブログランキング |

コンフェデその4:決勝

Il Brasile ha battuto l'Argentina con quattro gol, una doppietta di Adoriano, Kaka e Ronaldinho, e ha vinto la Confederations Cup. La partita ha cominciato nervosamente ma subito il Brasile ha segnato due gol e poi hanno languito i biancocelesti. Nei cinque gol fatti un colpo di testa di Aimar e' stato bellissimo. Allora, a tutti i giocatori, buone vacanze!

 夜中にたまたま目覚めたらコンフェデの決勝が始まる頃だった。永遠のライバル、ブラジルとアルゼンチン。どうも世界中から愛されるブラジルと、どうも嫌われ者気味のアルゼンチン。サッカーとして見れば、どちらも高いレベルで個性的な、愛されてしかるべきものであるのだけれど。勝手に想像するに、ブラジルにはどこかしら「自分にもああいう性格があったらいいのになあ」と思わせる何かを感じ、アルゼンチンには自分の中にも確かにある嫌な部分を見るような思いがするからではないか。例えば、ブラジルの抜け目なさは愉快ですらあるけれど、アルゼンチンのえげつなさは時として眉をひそめたくなったりする(そしてイタリアはアルゼンチンに近いと思う、もう少し間抜け寄りゆえ味わい深くはあるが)。
 試合は、決勝らしく始まった。タイトルへの意識、ミスへのおそれ、連戦の疲れ。それらが相まって、決勝は、それまでの滑らかさをちょっぴり失いぎこちなくなりがちだ。そこに両者の伝統の対抗意識が加わる。序盤からリケルメとロナウジーニョの間に激しい火花が散る。ロナウジーニョの表情も硬く険しいが、コンディションは下がっているように見えた。リケルメの表情はいつも泣きそうだ(画面でアップになるたびに、「帰ろうと思ってたのに明日の朝イチまでのシゴトが舞い込んできちゃったよ」みたいな顔だなあと思う)。
 そんなぎこちない均衡も、そう長くは続かず、前半の早い段階でブラジルが2点のリードを奪った。アドリアーノの化け物な左足、カカの優美な右足。いずれもシュートの技術の高さによる得点で、決してブラジルがアルゼンチンを圧倒した結果の2点ではなかったのだが、試合間隔が1日短い分、疲労回復の点で分が悪いアルゼンチンにはひどく堪えたと思う。後半に巻き返しを図りたかっただろうが、早々にロナウジーニョに突き放されてしまった。シンプルなオープン攻撃だったが、ディフェンスが対応できておらず、アルゼンチンが心身ともに限界にありそうなことが窺えた。試合は4−1と思いがけない大差で終わったが、最も素晴らしかったゴールは一矢報いたアイマールのダイビングヘッドだった。
 彼らにもようやく束の間のシーズンオフが訪れる。とことん休んで、秋に、と言っても8月のうちに各国リーグが開幕してしまったりするのだが、また素晴らしいプレーを見せてほしい。
by mono_mono_14 | 2005-06-30 12:10 | 蹴/calcio | Comments(0)
<< ひとりでできるもん まさかのミュージック・バトン >>