人気ブログランキング |

堀江敏幸『熊の敷石』

Alcuni anni fa ho letto dei libri da Toshiyuki Horie ma dopo questo periodo non ho letto niente di lui. Adesso il suo tempo arriva a me ancora. Ho letto un libro titolato "Kuma no Shikiishi (pavimenti di orso)". E' molto interessante, viene a me come il vento o l'onda, a volte calmo a volte forte, mi sono fluttuato comodamente.

 『回送電車』というどこかしらもの淋しい余韻のあるタイトルに惹かれ手にした本は、同じくどことなくもの淋しい、あるいはいくらかよそよそしい余韻をたたえたエッセイ集で、何の気なしに購入した書籍としては“当たり”の部類に入るものだった。この本が堀江敏幸の作品を知った最初だったか、それとも『郊外へ』だったか。居住まいを正したくなるような端正な文章は、時にほのかに甘く、時にほろ苦く、とても心地よくはあるのだけれど、受け取りようによってはちょっぴりお高くスノッブに感じられることもあり、もしかすると僕の気持ちがささくれ立っていたのか、最初に2、3冊を読んでからしばらくの間、別の作品を手に取る機会はないままになっていた。最近になってまた、書店で背表紙を眺めていると、堀江敏幸という名前が目にとまるようになり、ようやく『熊の敷石』に、次の一歩を踏み出したのだった。
 芥川賞を獲ったタイトル作の『熊の敷石』も、端正なぶん、いくらかの翳りを携えたような文章が、風のように波のように、強まったり弱まったりしながら、作品の世界へ連れていく。読みながらゆったりとしたピアノ曲がどこかから(隣家の開け放たれた窓からとか)聞こえてくるようだった。友人との再会、アトリエへの小旅行、モン・サン・ミッシェルを望む海、質素な食事、昔話、翻訳の仕事。描かれる状況はとてもわかりやすく、しかし、そこに熊のぬいぐるみのように横たえられた、たとえばユダヤ人のたどった歴史、信仰、家族、定着と漂泊といったことがら、そして何よりも、タイトルとなっている「熊の敷石」という僕らには馴染みのないフランスの慣用句を通じて投げかけられている“何か”は、けっして簡単に腑に落ちるようなものではなく、むしろ僕に落ち着かない気分、不慣れが強いる緊張のような感覚をもたらし、気がつくと息を詰めている。柔らかなピアノの調べのような風にまかれ波にのまれている。とても気に入った。もう何冊かは彼の作品を読み継ぐことになりそう。『熊の敷石』には、写真、翻訳、海、直感に基づく説明しがたい友情、歯の痛みと、今の僕の関心事が並んでいた。
 僕が手にしたのは(もちろん)文庫版なのだが、解説を川上弘美が書いていた。最近の作家さんを求めている僕の次のチャレンジは、たぶん川上弘美ということになると思う。
by mono_mono_14 | 2005-04-07 23:59 | 本/libro | Comments(0)
<< 運動不足きわまれり 20年の時を経てアンフィールドで >>