サムライはいずこへ [03]

 日本の初戦。コートジボワール戦。1対2で敗戦。日曜の午前10時開始という健康的すぎる日程のせいか、気合い不足の観戦だったと反省するが、サムライ魂をロッカーに置いてきた選手もいた。川島5.5 内田6.5 森重5.5 吉田5 長友5 長谷部5.5 山口5.5 岡崎5 本田6 香川4.5 大迫5 ザック4.5。
#copadomundo2014


 気持ちが入っていないのか入りすぎていたのかわからないが、全体として他人事として90分が終わってしまったような試合だった。負けるにしても「表現」し尽くしてほしかった。いや、むしろ、「表現」しないなら勝ち点をもぎ取らないといけない。手も足も出ないような相手ではなかったはずだ。
#copadomundo2014


 本田のゴールは素晴らしかったが、フィジカルは戻り切っていないようだった。メンタルはチームで誰よりもサムライだった。内田が安定して攻守にいいパフォーマンスを披露していた。日本のMOMだったと思う。川島、森重、山口もまずまずだったし、主将の長谷部も責任感あるプレーを見せた。
#copadomundo2014


 最も大きな問題は香川だ。香川からは、自分がチームのコンディションをつくるんだという自覚が感じられなかった。コンフェデでも同様だったように記憶している。次の2試合ではぜひとも違う姿を見せてほしい。(なお、この評は僕の日常にも全く同じ戒めとして与えるのがフェアだと思う。)
#copadomundo2014

[PR]
by mono_mono_14 | 2014-06-15 16:58 | 蹴/calcio | Comments(0)
<< アディオス、ラ・ロハ! [04] ピルロのアズーリ [02] >>