人気ブログランキング |

『イタリアの街角から』

 陣内秀信『イタリアの街角から スローシティを歩く』、半月ほど前に読了。西日本新聞での連載をもとに編んだものだという。陣内さんにイタリアを語り続けてもらうという連載を企画・敢行した新聞社を、伊コヒイキとしては(遅まきながら)讃えたい。
 イタリア半島を南から北へと進みながら陣内節が炸裂する。新聞連載だから致し方ない部分はあるが、いくらか既読感ある部分もないではないし、駆け足のイントロにとどまってしまっている残念感もなくはないが、おもしろく読み進めた。わがうちなる伊コヒイキ健在なり。
 ボリュームとしては全体の1割にも満たないとは言え、「イタリアのスローシティから学ぶもの」という章も立てられていて、読み手の持っている問題意識によるにしても、ヒントのカケラはあちらこちらにちりばめられている。抽象的な書きぶりになってしまうが、ここでも「実感」ができる「具体的な空間・場・経験」の重要性が確認できる。

 カバーに連続立面(街並み)の写真が2つあしらわれている。オストゥーニとバルレッタという街だそうで、僕はもちろん行ったことはない(し、名前も知らなかった気がする、という感じだ)。オストゥーニの方は、真っ白な壁面に小さな窓が黒く穿たれていて、極東の伊コヒイキから見ればエキゾチックだしフォトジェニックだ。日本にあったら違和感があるだろうが、日本人旅行者が魅力を感じたとしてもおかしくない街並みだろう。
 一方のバルレッタの方は、年季の入った小割の間口の2階建てから4階建てが並んでいて、これは日本のあちこちに見られる寂れてしまったかつての繁華街と見かけはさほど変わらないじゃないか、との印象だ。日本にあってもおかしくない。いや、似た街並みがあるだろう、という気がする。もちろん、子細に見れば似て非なるところが多々あるには決まっているが、単純にイタリアは美しくて日本は醜い、ということではないはずだ。なのに、変な話なのだが、往々にしてそういう話になる。イタリアの年季の入った街並みに魅力を見出すまなざしで、日本のくたびれた街角を見つめてみる。両者にさしたる違いはない、はずなのだけれど、明らかに圧倒的に違う。その違いがどこから来るのか。そこを掴みたい。イタリアの実見が不足しているところは気にしない方針で。
by mono_mono_14 | 2010-08-26 07:36 | 本/libro | Comments(2)
Commented by acine at 2010-08-27 02:01
monoさん おひさしぶりです。
今年は本当に暑いですね~!お変わりありませんか?
もともと夏が苦手な私は、夏なんて季節なくて、春から
秋まで飛んでくれていい!と思うほど(笑)。

おぉ~陣内先生の本なんですね!最近欧州からぐっと
離れてるエセ西ヒイキの私ですが、これは読んでみたいです~。

イタリアの街はヴェネツィアとトリエステしか行ったことない私ですが、
書かれてる通り、同じように年季入っても、何であぁも違うんでしょうね?
あと、どんな小さな街でも、それなりにどこも魅力がある・・・
そのへんが、欧州の奥深さ・・・ですね。
来世は南欧に生まれたい!と切に願う私です。

まだまだ夏本番!どうぞ夏ばてなどされませんよう!
Commented by mono_mono_14 at 2010-08-27 10:12
>>acineさん
こういう新聞連載があった、ということが素晴らしい! と思います。もしよければ店頭でぱらぱら立ち読みしてみてください。
陣内さんの伊コヒイキぶりは、なぜか度が過ぎない爽やかさがある気がします。不思議なことですが。筋金入りの伊コヒイキなはずなんですけど。

欧州の年季の入った街並みはOKで、日本の古ぼけた商店街はNG。香港の看板の嵐はOKで、日本の駅前の看板ラッシュはNG。という気分の根っこを探したいというキブンがあります。日本も捨てたものじゃないはずだ、という確信から出発します。ある意味、ディスカバージャパン?

本当に今年の夏はとてつもないですね(何となく春と秋が短くなってきてる気がします)。acineさんもお体ご自愛ください。
<< サルシッチャを焼いて。 Fabrizio de And... >>