新宿 in italiano

 新宿駅南口の辺りは道路工事が真っ盛りで仮囲いがずらっと並んでいるのだけれど、それがちょっとしたパブリックアート気分の仕上がりになっている。と言っても写真やメッセージで覆い尽くされているだけのことで、かえって乱雑感を増しているような気もするが、まあ「工事中」の風景をどうするかということについては、最近、あれこれ考えられるようになっていて、これもその一環だ。
 ふと、メッセージにイタリア語が混ざっていることに気がついた。また端までもどってチェックし直す酔狂な僕である。結果、3つのメッセージが発見できた。それがこれ。
b0018597_17161048.jpg

 掲出するイタリア語はいんちきであることが本ブログのポリシーではあるが、たまにはいんちきでないと思われるイタリア語も掲げてみた。・・・いや、普段だって、決していんちきなイタリア語を掲げたいわけではないのですよ、すみません、すみません。



 訳文は僕の訳でないから安心されたい。誰の訳かは知らないけれど。
b0018597_17162927.jpg

 三者三様でおもしろい。
 左は、確かに、新宿が抱え続けている素顔のひとつだと思う。夢に溢れた上京物語が暗闇に転げ落ちていく街でもあるわけだし。そして建築学科の学生が設計趣旨とかに書いたりしてそうな文章だとも思う。とりあえず、この文章の作者さんには恋をオススメしたい。
 真ん中のは、いいなと思った。何がって説明できないけどさ。新宿を讃えているようでもあるし、好ましく思っていないようでもある。右肩上がりの成長曲線を追いかけて疾走しているうちに、日本が獲得したものと落としてきてしまった何かがにじみ出ている。
 右は、いくらなんでもあなたの世界は狭すぎないか、と思ってしまうが、世界的に見て東京のスケール感がどこかしら狂っていることの率直な指摘のような気もする。実際、駅として見れば、新宿駅の雑踏はとてつもない何かの間違いのような光景ではある。
[PR]
by mono_mono_14 | 2006-09-29 17:06 | 伊/italia | Comments(2)
Commented by ciachi at 2006-09-30 19:57 x
「日本に行ったことがあるよ!」というイタリア人が、ここ最近急激に増えています。(リピーターも多し)
彼らが話す日本/東京の印象は、なかなか鋭いものが・・・そしてみんな私より"東京通"(苦笑)。

真ん中の人は"giornalista"ですか?
Commented by mono_mono_14 at 2006-10-01 01:05
>>ciachiさん
へえ、日本人気(?)なのでしょうか。どの辺が見どころなんだろう。率直に不安です(笑)。ciachiさんの周りの方々の鋭い東京論を僕もこっそり聴いてみたいなぁ。
これらのメッセージを書いた人が何者なのかは、すみません、まったくわかりません。ので、真ん中の人がジョルナリスタかどうかはわからないのですが、彼女(evaは女性ですよね?)のテクストは魅力的だなあと思います。
<< Caetano Veloso『ce』 シゴトってヤツ >>