文鳥堂書店四谷店へ捧ぐ

Buncho-do e' stata chiusa a domenica scorsa. Peccato. Sono triste. Forse ci andavo tre volte alla settimana. Non so quanti libri compravo a questa libreria. Addio, tu mi piacevi moltissimo poi mi manchi.

 四ッ谷駅の向かいにしんみち通りという横丁があって、そこに文鳥堂という本屋さんがあった。四ッ谷駅のほど近くに勤めるようになって10年ほど経つ。その間にここで何冊の本を買ったかわからない。お昼ご飯のついでに週に二度、三度と立ち寄ったこの書店が、先の週末(9/24)、いきなりお店を畳んでしまった。理由は定かではない。脇の壁に店長直筆の閉店のお知らせとこれまでの愛顧に対する感謝の言葉があった。
b0018597_13211978.jpg 小さいけれど、いい本屋だった。ベストセラーばっかりを並べるのではなく、哲学・思想みたいな売れなさそうな本もたくさん置いていた。建築や都市の本もよく並べられた。ひとことで言えば文化的なお店だったのだ。単純な書店数では計り知れない価値を持ったお店だったのだ。近くにあるA書店ではとても代替が効かないのだ(A書店にはA書店なりのよさがあるのは認めるにしても)。四ッ谷の街は、街としての魅力をひとつ減じることになったと思う。あーあ残念だなー。ほんとにいい本屋だったのに。

追記。9/28の昼には什器もあらかた撤去され、あっと言う間に廃墟状態になってしまいました。

追々記。10/7、会社で上司のひとりが話しかけてきた。「あそこの本屋、なくなっちゃったね。いい本屋だったのにね」。そう、ほんとにいい本屋でしたよ。

追々々記。10/25の晩、文鳥堂飯田橋店でかつて四谷店にいた人がレジに入ってるのを見かけました。って小ネタですな。

追々々々記。12/6の晩、ふと見ると炭火焼きか何かの飲食店がオープンしていた!
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-09-26 15:23 | 雑/quotidiana | Comments(6)
Commented by mariko at 2005-09-26 23:07 x
その気持ちわかります。。本屋って同じようで、品揃えのカラーとか全然違うんですよね、特になじみの本屋だとほんとに悲しい。
新宿の青山ブックセンターが閉店したときも悲しかったけど、近所の、品揃えはあんまりよくないけどどの本にもカバーをかけない、人柄のいい夫婦がやってる本屋さんが閉店した時はほんとに残念でした。どうせ買うなら、いい本屋さんでなるべく買うようにしたいなぁ
Commented by kaioko at 2005-09-26 23:17
文鳥堂って名前がまたいいですね。漱石かな。
置いてある本の種類だけでなく、その置き方にもこだわりが感じられる本屋ってありますよね。その本屋のスタンスだけでなく、本に対する愛情や評価みたいなものも感じられて、まるで誰かの部屋の本棚を覗くような。こんな本屋が帰り途にあったら、ふらりと立ち寄って気分よくなれそうです。なくなっちゃたなんて残念ですね。
Commented by mono_mono_14 at 2005-09-27 02:17
>>marikoさん
馴染みというか、足繁く通ったのですが、お店の人と会話したりするわけではありませんでした。でも、僕が買うのを喜んでいてくれた気がします(って錯覚かも。笑)。
本屋は贔屓にした分だけ何かが返ってくる場所のような気がします。できるだけお気に入りの本屋で買うようにしたいですよね。
Commented by mono_mono_14 at 2005-09-27 02:18
>>kaiokoさん
漱石なの(笑)? 恥ずかしながら僕にはちょっとわからないのですが、ブックカバーは実篤の「よく味はふ者の血とならん」です(笑)。
kaiokoさんなら雰囲気わかってくれる気がしますが(根拠薄弱(笑))、新刊書店だったんですけど、親父さんはちょっと古本屋チックな人でした。
行き詰まった時の気分転換とかにもなっていたのに、ほんとに残念です。。。
Commented by 台風五郎 at 2016-10-22 18:13 x
文鳥堂の名前がありましたので書き込みます。
今から、35年前、四谷に職場がありました。
足しげく、昼休みには通っていました。
貴兄が言われるように、置かれる本がなぜかホントに良かったですね。あんなに小さな本屋だったのに…
文鳥堂というと一番の思い出は、店員さんの紙のカバー付けです。何とハサミで持ってして切り込みを何か所か入れてあっという間に紙カバーをかけてくれるのです。一度かけるとまずは簡単には外せません。いまでも文鳥堂のカバー付いた本はいくつもあります。ここにはよく、椎名誠さんが見えておられましたね。1980年代のお話です。
Commented by mono_mono_14 at 2016-11-04 16:04
>>台風五郎さん
ほんとにいい本屋でした。僕が通ったのは90年代後半からの10年くらいですが、その前にもいい歴史があったのですね。お聞かせいただけて嬉しいです。閉店からもう10年か…と改めてしみじみしました。
<< ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』 琴欧州に浮かんだ雑感 >>