『読むイタリア語』

Ho trovato un nuovo testo dell'italiano titolato "Leggere in italiano". E' redatto dagli argomenti dei giornali, pubbulicita', istruzioni, ricette, ecc., scritti dagli italiani per gli italiani e le autirici sperano che i lettori imparino a leggere l'italiano meglio. L'ho comprato.

 『読むイタリア語』という教科書を発見。新聞記事、取説、レシピ、雑誌広告などなど、イタリア人向けに書かれたイタリア語を教材に、たぶん主として構文と文法と表現を勉強しましょう、という本。買ってみる。だけでなくやってみなさいって。「超いんちきイタリア語」も「普通ないんちきイタリア語」くらいにはなるかも知れない(って進歩なのか?)。「La Gazzetta dello Sport」や「La Repubbulica」のウェブサイトを、意味が取れなくても目で追ってみると、へー、こんな風に言うのか、などという発見がたまにあったりするから、そんなこともしてみているわけだけれど、だから、そこに着目した教科書は何となく肌が合いそうな気がする。だけでなくやってみなさいって。・・・確かに、入門書からちょっと早まったものまで、買ってはみたもののチラ見止まりの教科書が何冊もあるのは事実なんだよなぁ。でも、それはともかくとしても、こういう本はあんまりなくって、けっこう待たれていたんじゃないか、と思う。著者は白崎容子さんと入江たまよさん。白水社刊。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-09-05 16:56 | 伊/italia | Comments(0)
<< 朝に食べるご飯 三岸節子展@平塚市美術館 >>