イタリアン@ブルータス

Ci sono tanti ristoranti italiani sull'ultima Brutus(#574). Sono andato ai soli tre ristoranti nella lista, da Ivo, Aso e Casa Vecchia. Casa Vecchia e' un piccolo ristorante a Yoyogi-Uehara dove si mangia bene, ovviamente anch'io, e soprattutto un piatto di maiale mi e' piaciuto molto.

 本日発売の『BRUTUS』は「イタリアン真剣勝負!」なる特集。もしかしてイタリア特集は久しぶりか? ちょくちょく組まれていたような記憶があったけれど、バックナンバー一覧を眺めるに、それらしき特集は4年前だった。
 たくさんのイタリアンレストランが掲載されているけれど、行ったことがないところがほとんど(当たり前かも知れないけれど)。かろうじて3軒の心当たりのある店名を発見した。ダ・イーヴォ(恵比寿)、アソ(代官山)、カーサ・ヴェッキア(代々木上原)。もう少し制覇に向けて重い腰を上げよう。しかし、なんてお腹が空く特集!
 カーサ・ヴェッキアは、実はブルータスで見つけたお店。雑誌で見つけてチェックしてるけどまだ行ってない、行きたいという状態のお店のことを、僕は「読みつけの店」と呼んでいるのだけれど、カーサ・ヴェッキアが半年ほどの「読みつけの店」を卒業したのは去年の秋頃。友だちと行って、確かすごくお得な感じのするコースを食べたんだったと思う。豚のグリルが、シンプルだけどすごく美味しかった。
 店内に何か風変わりな道具のようなものが飾ってあったので、お店の人に訊いてみたら、キタッラという手打ちパスタをつくる道具だった。その名の通りギターのような弦が何本も渡してあって、それで生地を切っていくのだという。実際にお店で使っているそうだ。案外、難しいとのこと。
 それにしても豚肉って美味しい。牛肉より好きだなあ。そう言えば、最近、近所のスーパーで見つけたイベリコ豚の生ハムというのも、鼻から涙が垂れそうに美味しかった。
[PR]
by mono_mono_14 | 2005-07-01 21:56 | 伊/italia | Comments(0)
<< イヴェッチ・サンガロ『MTV ... ひとりでできるもん >>