ヴェネツィア談義

Leggo alcuni libri su Venezia. In un libro da Tenco Tsunoi intitolato "alla Veneziana" ho saputo che i veneziani vivono nei piccoli appartamenti ed invece si divertono loro vita. Allora anche noi che viviamo nelle piccole case potremmo vivere piu' piacevolmente. Anche dei libiri da Hidenobu Jinnai mi fanno suggestivi. Penso che ci siano tante cose veneziane da imparare per vivere meglio, non posso dirlo bene ma lo credo.

 路地について考える会議(?)があった。計画的な開発プロジェクト(例えば汐留とか六本木ヒルズとかお台場とか)をやる時に、下町ふうな入り組んだ路地空間をつくれるチャンスはないものか、というようなことを考える・・・フリをしてまったりと好き勝手にしゃべる会議だ。そして路地と言えば必ず引き合いに出されるのがヴェネツィアなのだった。僕がヴェネツィアに行ったのは7年前のほんの2-3日限りのことでしかなく、とてもヴェネツィアを語る資格はないし、典型的な観光客としての目線だから、住むに適しているかとかはほとんど見当がつかない。だけれど、第一印象としてはとても気に入った街だったとは言える。



 住む場所のヴェネツィアとして、僕がおもしろく読んだのが角井典子さんの『ヴェネツィア的生活』。この中で、僕が心強く思ったのが、ヴェネツィアの家は狭く、台所などは日本のアパートよりもささやかなくらい、という話。生活が豊かでいきいきとしているかどうかなんて、家のサイズなんかじゃなくて、住み手の心がけや街とのつき合い方の方が大事だということがほのめかされていて、これが僕の思っていることと一致した。この本は、この話題以外にもおもしろい話がいっぱい詰まっていて(というか「家が狭いネタ」に着目する方がマイナーだと思う)、著者の距離感(ヴェネツィアへの惚れ込み具合と観察具合)がほどよいバランスで綴られている。写真もいい。ついヴェネツィアに行きたくなることが難点(?)か。

 21世紀の日本で、狙ってヴェネツィアみたいな街がつくれるかと言えば、とても難しいと言わざるを得ないし、必ずしもヴェネツィアが都市空間の理想型であるということでもないのだけれど、でもヴェネツィアから学ぶことはたくさんあると思っている。もちろん、運河や路地や広場やカフェやバカロみたいな居心地のいい場所づくりのヒントはたくさんあるけれど、たぶん、それらだけを引き写すのではなく、まるごとのライフスタイルとして学ぶんだろうと思う。
 NHK教育テレビの人間講座というシリーズ番組で陣内秀信さんがやった『地中海都市のライフスタイル』のテキストが手元にある。2001年6-7月期とあるから4年も前のことだ。このテキストは「二一世紀を迎え、日本の私たちも、これまでの経済を優先し、機能や効率ばかりを追い求める都市開発を真剣に見直す必要に迫られている。「人々の心」を大切にする、生き生きとした豊かな都市の生活を取り戻すための町づくりの在り方が求められている」と始まり、「地中海世界の都市を訪ねながら、日本の私たちのライフスタイルをもう一度、深い所から考え直してみたい」と終わる。以前は、陣内さんって研究のフリをしてイタリアを遊んでる人だろ、と思っていたのだけれど、最近、ようやく彼の研究成果を僕の果実として受け取れるようになってきた。これはいい! と読んだ時に迷わず思ったのが『イタリア 小さなまちの底力』という本で、それ以来、陣内さんのやってきたことが、僕のなかで意味のある像を結びだしたのだった。路地に話を戻せば『迷宮都市ヴェネツィアを歩く』がかっこうのテキストだ。雑談調の緩い路地会議用にこの本の写真のコピーを並べて提出しようかと思ったほど(時間切れで見送り)。
 ・・・なんだか本の紹介コーナーになってしまった。ま、いっか。

 文字をひそめてこっそり告白。コンフェデのブラジル戦は録画も忘れたまま爆睡。時差ボケもへったくれもない体たらく。前夜が完徹だったから...と言い訳してみる。誰かから録画を借りて、旬をとうに過ぎた頃に時間を遡ってこっそりアップすると思います。
 追記(7/6)。こっそりアップしました。

[PR]
by mono_mono_14 | 2005-06-24 22:12 | 伊/italia | Comments(4)
Commented by kaioko at 2005-06-25 00:41
陣内先生の視線(あえて、著書とはいわずに・・・)は、イタリアを歩く時にそれを何倍も楽しくさせてくれますよね。同氏の「南イタリアへ!」は読まれましたか?「小さなまちの底力」とはまた違った都市が出てくるので、楽しめました。
日本で、ヴェネツィアみたいな街がつくれるかと言えば・・・やはりとても難しいですよね。決して暮らしやすいわけではないと思うし。暮らしやすく創ろうとする時点で、ヴェネツィアからは離れてしまう気がします。
ヴェネツィアから「住み手の心がけや街とのつき合い方を学ぶ」というという視点を持つほうが適切なのかもしれません。
Commented by mono_mono_14 at 2005-06-25 03:04
「南イタリアへ!」も読みました。今、本棚から引っぱり出して久しぶりにぱらぱらと眺めてみました。一緒に「地中海都市周遊」(中公新書)という対談本も出て来ました。
ヴェネツィアはつくれなくても、ヴェネツィアみたいなキブンはもう少しあったもいいかなあと思いつつ、ようやく陣内さんの仕事を単なる「読み物」ではなく「ヒント」としても読めるようになってきたかも、という気がうっすらとしてきたところです。いろいろ再読しようかな。
Commented by azucarina3 at 2005-07-02 00:58
初めまして。とっても素敵なブログですね。
私も興味のあることが一杯取り上げられているので、またゆっくり
お邪魔させてもらいたいです。
先日は私の元ブログ”街歩きが好きな・・・旅のカケラ”へ
来てくださり、読破して頂いてどうもありがとうございました!
7/7まで延長しましたので、よろしかったらまた覗いてくださいね。
ところで、私も陣内先生の大ファンなんですよ!ヴェネツィアへは
3年前に行きました。UPされてる著書私も全部持ってます。
私はスペイン好きなので、スペインから先生の本を読み始めましたが
どれもとっても興味深いものです。
今は新しい名前で別ブログをやっています・・・。
Commented by mono_mono_14 at 2005-07-02 02:36
どうもありがとうございます。azucarinaさんのバルセロナ(ほか多数)はホントにステキでした(ここに書くことじゃないか)。
えっと、実はすでにazucarinaさんの新しい方も拝見してまして(^^;)、尾道の路地とか最高イイです(って、ここに書くことじゃないですね)。また遊びに伺いますね。どうぞよろしく...!
<< 『谷口吉生のミュージアム』展 コンフェデその3:ブラジル戦 >>