映画『Fly Me to Minami ~恋するミナミ~』観た

 映画『Fly Me to Minami ~恋するミナミ~』、DVDで観た。
 大阪ミナミで交錯する東アジアの若者たちの日常と恋模様。香港・ソウル・大阪を行き交いながら、必ずしも晴れの日ばかりではないシゴトや恋愛に、懸命に向き合うひとりひとりの心と時間が、道頓堀に映り揺らぐミナミの灯りのように、輪郭を滲ませながら煌めいている。とってもチャーミングでラブリーでチアフルな映画。タイトルに引っ張られるのも込みで『恋する惑星』を想い起こしたりした。

What is your dream?
How about you?

 お互いに好意を覚え、ぎこちなく距離を縮めつつあるふたりの男女の間で交わされたやりとり。もしかすると、いつの時代でも、誰もが、誰かに訊いてみたくて、自分が訊かれたらどんな答をするんだろうと思案したりするこのテーマが、耳に届くせせらぎとか頬をなでるそよ風のように、映画を通して静かに流れて続けているように感じた。
 アジアを行き交う行動の中に輝く未来があるんだよ。“Dream”が宿るんだよ。
 この映画は、そういうサジェスチョンでありマニフェストなのだと思う。まるでその証左であるかのように、入れ替わり耳に届く韓国語も広東語(香港語)もとてもチャーミングに響く。これまで、これらの言語が、こんなに素敵に僕の耳に届いたことはなかった。この映画では広東語(香港語)・韓国語・日本語(大阪弁)・英語が混じり合うのだけれど、そのどの言葉もドリーミングな彩りを添えてやってくる。この異なる国の言葉たちが響き合うさまがこの映画の魅力だと思う(泥酔ソウル女子たちが奏でる韓国語とかすごく素敵だった)。

 こういう映画をつくろうという人がいて、実際につくられて、いくらか遅まきながらも、僕がその存在を知るところとなり、DVDがわが家にやってくるなんて、なんだかすごい時代だ。

 都市計画界隈の人としてつけ加えると、この映画を観ているだけでも、人の心にとって、都市の水辺がどれだけ大事かということが感じ取れると思う。

 この映画を知った『若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録』によれば、このインディな映画のプロモーションとして、ロケ地を紹介するような、これまたインディなフリーペーパーがつくられたそうなのだけれど、それはもしかなうことであれば見てみたいなと思う。

b0018597_02083651.jpg

謝辞。加藤順彦さん・田中泰延さん、これをつくったり知らせたりしていただき、ありがとうございました。


[PR]
by mono_mono_14 | 2017-10-16 02:16 | 文/cultura | Comments(0)
加藤順彦『若者よ、アジアのウミ... >>