とりあえず。

 すっかり間が開いたりしたのは、うっかり魔が差したりしたから、なんかではなく、たんに書いていないというだけにすぎない。この期間にも、東北津波被災地を駆け足で縦断したり、何冊か本を読んだりなど、それなりに書いてもいいこともあったはずだったのだけれど。とりあえず、この半年だか何か月だかに読んだ本を備忘までにリストアップ。少ないなぁ。
  向笠千恵子『食の街道を行く』
  一志治夫『庄内パラディーゾ』
  三浦知良『やめないよ』
  宇都宮徹壱『日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ』
  よしもとばなな『みずうみ』
  ナガオカケンメイ『ナガオカケンメイの考え』
  吉村昭『三陸海岸大津波』
  藤井聡『列島強靱化論』
  山崎亮『コミュニティデザイン』
  梅棹忠夫『情報の文明学』
  赤坂憲雄『東北学/忘れられた東北』
  赤坂憲雄『東西/南北考』
  赤坂憲雄・小熊英夫・山内明美『「東北」再生』
  結城登美雄『東北を歩く』
[PR]
by mono_mono_14 | 2011-07-26 22:58 | 雑/quotidiana | Comments(2)
Commented by kaioko at 2011-07-27 21:37
東を・・・歩かれてたんだな・・・
とすぐに分かる読書録ですね。
被災地はmonoさんの目にどう映ったのでしょうか。
また魔がさしたときにでもエントリしてくれると嬉しいです。
Commented by mono_mono_14 at 2011-07-29 00:14
>>kaiokoさん
しまった。バレた。地球の歩き方ハワイとか入れておけばよかった。

歩いた、とは言えない猛スピードでした。それでももちろんいろいろ感じたわけですが、それを文章にするのはなかなか難しいなあという感じです。どこかでトライしてみます。

魔が差したら上京のおりにでもご一報くださると嬉しいです(笑)。
<< (無題) 初鰹。 >>