サルシッチャを焼いて。

 過日、暑すぎた夏から見れば氷雨と呼んでもいいような冷たく強い雨の中、BBQにいそしんでみたりした。たいそう酔狂なり。実を言えば、BBQはほとんどやったことがない。なので、焼いているフリをしながらビールを飲んだりしているだけだった、かも知れない。荒れた天気のこともあり、始まるまでは気乗りしていたとは言えなかったのだけれど、いざやってみれば、思いのほかおもしろく、毎週やってもいいんじゃない? と思いそうなほどで、我ながらびっくりした。おそらく勝因(?)は、雨の打ち付けるテントの下に集まって、無秩序に煙をもうもうと立てながら、これってイタリアの休日っぽいじゃないか、という錯覚が湧き起こってきたことにあると思う。伊コヒイキ健在なり。
 惜しむらくは、鉄板を占めていた割合が最も高かったのがヤキソバだったという辺りが、イタリアの休日とはずいぶんとかけ離れていた感が否めないところか。これがサルシッチャと赤ワインだったりしたら…と妄想をたくましくしながら、密かにBBQ熱を高め、次回に備えたい。今のところ次回の予定はない。

 しかし、サルシッチャを焼いて食いたい、という思いだけはむやみに募ってしまい、近所にある通称「イタリアのお店」に行った。自家製サルシッチャと赤ワインを購入するのだ。
 「イタリアのお店」は、そのすぐそばで営業中のリストランテが始めたワインと食材の店だ。以前は生ハムやチーズ、乾燥パスタ、オリーブオイルや調味料などとワインを置いていただけだったのだが、やがて試飲的立ち飲みができるようになり、リストランテが仕入れる野菜たちや、リストランテ自家製のお総菜なども置かれるようになりと、日増しに充実度を高めている。少し前から、店の入口扉にこんがりと焼けた自家製サルシッチャの写真が貼られていることに気づいていた。BBQがもたらした思いがけないシアワセ感は、「あれをゲットせよ」との脳内指令を発するに至ったのだった。
 サルシッチャを熱したフライパンに放り込み片面6分、ひっくり返して6分焼くだけ。辛いソースとともに至福のひととき。ああ、これをじゃかじゃか焼きまくるようなBBQをやってみたい…と妄想の続編に浸りつつ、赤ワインをもう少し。
[PR]
by mono_mono_14 | 2010-09-25 23:04 | 伊/italia | Comments(4)
Commented by ryuji_s1 at 2010-10-03 18:02 x
サルシッチャのソテー美味しそうです
Commented by mono_mono_14 at 2010-10-03 22:04
>>ryuji_s1さん
自分でやるのはフライパンに入れてタイマーをセットするだけ、なので、ちょっと胸を張りにくいのですが、リストランテ自家製なだけあって美味しかったです。
Commented by ryuji_s1 at 2010-10-05 08:15 x
mono_mono_14 さん
コメントありがとうございます。
サルシッチャ 楽しめますね
美味しいです

コメントありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします、
Commented by mono_mono_14 at 2010-10-05 11:47
>>ryuji_s1さん
ただ焼くだけ、なのにホント美味しいです。モノをつくるのは簡単じゃなさそうですが...。

こちらこそよろしくお願いいたします。
<< いまだ三種の神器 『イタリアの街角から』 >>